♪お昼休みのガールズトーク、今日もあなたで満載 :週刊少年サンデー10/38号2010/08/04

♪お見逃しなく、一瞬を~

 昨夜はアニメで賢木役を演っていただいた谷山紀章さんと飲んでました。役者・歌手として大人気の谷山さんですが、やっぱね、持ってるエネルギーがすごいうえにめちゃめちゃチャーミング。その可愛さ、パねえです。おいしいお酒をガンガン飲んだイキオイで、いろんな話をしてくれたんですが・・・・・とりあえずジョイさんって、聞けば聞くほどワタシがなりたいと願う理想の人物だ(笑)。あ、何言ってるのかわかんない人は気にしなくていいです(笑)。


 さて、今週は「さぷりめんと」お休みです。本編の方は・・・・これもう少年漫画なんだかなんなんだか(笑)。しかし乙女のガールズトークとか見たいのはむしろ男。ワタシは「少年漫画とはこう」みたいな決めつけはあんまり好きじゃないからまあいいか(そんな内容)。

 ある作家が「純文学と大衆小説の違いって何ですか?」という問いに「ただ単に掲載誌です」とおっしゃってたそうで、世の中そんなもんです。

 あとワタシはやっぱりどう考えても、発行部数や掲載誌の知名度や映像化されたかどうかで漫画の価値を量るのは間違ってると思います。いや、ツイッターでこないだそういうデリケートな話をうっかりしちゃって、一部の人にいろいろ言われちゃったんだけど。

 あのー・・・あれはあるドラマのシナリオ文脈上の解釈についての話だったし、ワタシがどんだけアニメ化を喜んで感謝してアニメと関係者が好きでみんな一緒にシアワセになるために売り上げを伸ばしたいと・・・・まあ、何文字使ってもわかってくれる人にしか伝わらないんですけどね。

 職業なんだから数字や世間の扱いももちろん大事です。すんげえ大事。大事なことなので3回言うくらい大事。でも最終的な評価は、自分の考えやそれらを合わせて、心の中にしかないと思います。全ての結果を総合して、自分自身がどう評価するかです。

 ワタシが「ワン○ース」にとても敵わないと思うのは、あれがものすごい部数を売り上げているからというだけではありません。あの漫画がおそろしく優れていて魅力的だと、ワタシ自身が、自分の心で、そう思うからです。一方ワタシは、他にもジャンルや知名度を問わず好きな漫画、憧れている作家さんがたくさんいます。それに順位をつける気はありませんね。そういう狭い価値観、単純なジャッジは、作品や人生には当てはまらないとワタシは思います。


 ・・・・・・・と、酔っぱらって話したら、酔っぱらった谷山さんも同じようなことをおっしゃってました(笑)。「どこに何人動員したからエラいとか、満足するとか、そういうもんじゃないんっす!アニソンとかロックとかいうジャンル分けもどっちでもいいんっす!おかわりー!!」
 キャー!! KISHOWかっけー!! もっと飲んでー!! あとツイッターの再設定してあげてジョイさんー!!

 


お祭りっていいよね :週刊少年サンデー10/39号2010/08/16

キャラが多いよー

 コミケに参加のみなさまお疲れ様でした。お盆と年末は進行が特にキツい時期というのもあって、ワタシは今まで一度も行ったことないんですが、今年はツイッターのおかげで現場の雰囲気がリアルタイムで味わえました。実際に参加したらどう考えてもワタシは開場前に力尽きそうですけど(笑)、参加者のみなさんがネタ混じりに混乱をも楽しんでる様子は、面白い上に素敵だなーと思います。

 関係者や近隣の交通機関・店舗のみなさまもお疲れ様です。話にはきいてましたが、コミケ関係者の訓練されっぷりはホントすごいなあ。

 今週はそれ以外にも『武装錬金』ネタのラクガキをアップしたら和月先生夫妻に見られちゃったり、『君に届け』ネタで椎名軽穂先生に話しかけていただいたり、『月刊OUT』ネタでさくまあきらさんの娘さんとお話ししたり、浅野さんと一緒に白石さんを陥れたり(笑)、なんか個人的にツイッターが楽しくてしょうがない週でした。みなさんありがとうございます!

 そして栗林みな実さまの絶チルコスはこちら


 さて、本編は文化祭。実はチルドレンに『ロミオとジュリエット』の舞台をやらせようと思ってたところ、某人気アニメがそのネタをやったので慌てて変更(笑)。

 チルドレンの学校、体育祭もどっかでやったはずなんですが、ワタシにはあまり楽しい思い出でないのでそっちは省略しようかなと。暑くてほこりっぽくて、やたら並ばされて待たされたあげく参加種目は全部負け組という(笑)。

 今思えば運動能力が低くてもそれなりに楽しめばいいと思うのですが、まあそういうのをいちいち屈辱に感じるのも若さの特権。そんな特権いらないのに、手放すのに30年・・・・・・・・というか、漫画に描けないということはまだ手放せてないのね(笑)。



 

バラの精 :週刊少年サンデー10/40号2010/08/25

中の人は『ハヤテのごとく!』コンビですね


 遅れましたー。夏バテ・・・というより冷房のかけ過ぎでかなりヘロってたんですが、だからといってエアコンを切る気にはなれず。あと、体調が悪くなると、それを整えるための気力とか余裕もなくなるという。

 まー毎日1~2時間くらいは、なんか体に良いことする時間作れるはずなんですが、筋トレとかジョギングってのは「あーやらなきゃなあ・・・」とか迷ってるだけでそれくらいの時間食っちゃうんですよね。あと仕事そのものもそんなカンジで取りかかるまでの助走が長い。この辺をなんとかすればもーちょっと効率よく健康的に仕事が片付く・・・・・・って、小学校の頃の夏休みにも毎年そんな反省してたような気がする(笑)。


 さて、本編は文化祭編。ワタシにとって文化祭はいい思い出だったという気がしてて、でも冷静に記憶をたぐると、別にたいしたことやってないような。彼女がいたわけでもないし、部活に打ち込んでいたわけでもないし。ぱっとしない子供の、なんてことない文化祭。

 当時のワタシは「あとで思い出したくもない青春なんだろうな」と思ってましたが、オッサンになった身としては「いやまあそうでもないよ」と言ってやりたい。あの悶々としてた時期それ自体が懐かしいです。戻りたいかと言われると微妙なんだけど(笑)。

 そんなわけでチルドレンには、なんてことない文化祭をなんてことなく楽しんでもらいたいと思ってます。といってもここまでの流れから見てパンドラが殴り込んでくるのはほぼ確実なんで、なんか起きますけどね。漫画だし。