暖かくなってきたのでどっか行きたい :週刊少年サンデー 2021/20号2021/04/01





運動不足解消と気分転換のため、ブログ休んでた間にはちょくちょくハイキングしてました。子供の頃は「何が面白いんだろう」と思っていたのですが、大人になってからやると、これがけっこうゲーム性が高いというか。

  山というのはダンジョンです。潜って、探索して、無事に戻らなければなりません。「小学校の遠足で行くような低山などダンジョンとはほど遠い」と思うでしょうが、低山でもそこは山道です。もし捻挫や骨折をした場合、携帯で呼んだとしても救急車は来られません。舗装されていない不整地ですので転倒の危険はそれなりにあります。万一のときは自力で救急車の到着できる場所までは行く必要があり、それができないときはいきなり救助要請案件です。

 行動は日の出から夕方までが鉄則。低山でも日没後の山の中は真の闇になり、野生動物も活動を始めます。万一に備えて非常用のライトは必須ですが、それがあっても行動は大きく制限されます。暗くて足下が見えにくいわけですから、怪我のリスクは高まります。ヤバいです。

  そして当然ですが山の中では売店などほとんどありませんし、あっても平日は休業してます。食料や水など、装備は一式自分で担がなければなりません。山は本来、我々の生活圏ではないのです。

   オッサンになると体力が低下してますので、斜面の不整地を上り下りするのはかなりいい運動になります。限られた体力で時間通りに予定のコースをたどって無事に下山するというのは、それが近所の低山であっても、一歩間違うと最悪死ぬかもしれない状況を装備と知識と体力でコントロールする、スリリングなゲームなのです。

 「スズメバチに執拗に職務質問され、刺激しないよう必死で耐えた」「下山の途中で日が暮れてきて、焦っていると麓の街から『熊が目撃されましたので注意してください』という放送が聞こえてきた」「分岐を間違えて山奥に続く縦走路へ向かって20分ほど歩いていた。ルート復帰するために30分ほどかけて登り返し、合計で予定外の50分のロスと体力の消耗」あたりが私の体験したピンチです。とくに最後のはけっこう危なくて、疲れていると「戻るよりもこのまま進んで他のルートで帰ろう」などと考えがちです。結果本格的に道に迷い、それで死亡する人も多いという。ドキドキしますね。ああ、また行きたくなってきた。

  去年はまったくハイキングに行ってなくて、これはコロナのせい・・・だけではなく、主な原因は猫。うちの猫が
「猫はまだ眠くないから寝ちゃ駄目ナリ!」
「眠いから一緒に寝るナリ!猫を寝かしつけるナリ!!」
「ね・・猫を置いてどこへ行くナリか・・?行っちゃ駄目ナリ・・駄目ナリよ・・」
と要求するようになったため、早く寝て早朝出かけるとか、未明に車で登山口に行って夜明けとともに歩き始めるという活動がしづらくなってしまいました。猫の幸福は他の全てに優先するのです。でもどっか行きたい。行くと(猫が寂しがってるだろうな・・)と思って早く帰りたくなるのですが。   

猫を讃えよ :週刊少年サンデー 2021/21号2021/04/08



このブログはあまり更新してなかったため、少しさかのぼると2匹目の猫をもらったときの記事がありますね。このとき引き取った猫の「ノイ」、いまはもう5歳です。たいへん愛されキャラで、フィナ様以外の家族全員に溺愛されてます。フィナ様は「テリトリーを共有している仲間」としては受け入れてくれてるんですが、空気を読まずにパーソナルエリアにぐいぐい入ってきて遊んでほしがる弟にしょっちゅうキレてます。ノイが寝ている時には甘え方が激しくなるので、彼女にとっては家にいる猫は自分だけなのがよかった・・・というのが本音かもしれません。ノイの方はいくら塩対応されてもお姉ちゃんが大好きで、まったく懲りずにちょっかい出しまくってますけど。一般的にオスの方が感情表現がストレートで、特に去勢済みだと子猫の気質が消えず、たいへん遊び好きの甘えん坊になる傾向があるそうです。

最近、私の中では彼らが猫であるという認識があやしくなってきてます。「ニャーワーン」って呼ぶ声がもうはっきり「父ちゃーん!」って聞こえるし。「ニャッニャッ」は「おいでおいで!」だし。見た目は猫以外の何者でもないのに、なんだか脳がバグってそう見えなくなってきたというか、人間の幼児のようにしか思えない。寝顔なんかは特にヤバいです。

猫はたしかにサイズ的には人間の赤ん坊によく似てます。寝息とか後頭部の触り心地とか抱いた重さもよく似てます。脳のしくみに違いがあるので限界はあるものの、ざっと3~4歳児くらいの知能はあるようです。よく「ペットは家族も同然」「子供のように可愛がっている」とか言いますけど、いや何言ってんの? 同然とかじゃなくてフツーに家族だし。子供だし。


でもよく考えたら猫と人間って6500万年くらい前に分岐してるまったく別の生き物なんですよ。猫への愛情って、種族保存とかとはいっさい関係なく、単に愛おしいのですよ。9000年ほど前に人間の生活に入り込んできて、最初はネズミ捕まえる益獣だったかもですけど、たぶんかなり早い時期から役に立つかどうかとかあんまり関係なくみんな飼ってますよね。んで1000年ほど前に日本に輸入され、21世紀初頭の我が家には二匹の猫様がいらっしゃるという・・・なんだこの「君と出会えた奇跡」的なアレは。

あと15年ほどすれば、どんなに運が良くても二匹とも見送ることになると思います。何不自由のない一生を過ごさせ、最期を看取ってやるのが私の使命です。飼った直後からその日を想像するだけで泣けますけど、いまはちょっともうどうしよう耐えられる気がしねえ。ペットロスとかそういう次元の話なのかそれは。いやそれ以外のなんだと言われるとまったくそのままなんですが。「虹の橋のたもとで大好きな人間が来るのを待っている」とか「毛皮を着替えて別の姿でまた会いに来る」とかいう話は、こうやって紹介するだけで涙ぼろぼろ出ますね。猫はさっきからめちゃめちゃ元気に「さっさとこっちに来てかまえ」つってますけど。

たぶんウチの二匹は前世でなんか良い行いをして、そのご褒美に飼い猫として愛されて気楽に過ごす権利を得たのだと思います。私も次の人生はそれになりたい・・・あ、でもそうすると猫様のお世話ができないな。生まれ変わってももう一度フィナ様とノイのお世話をしてやりたいと思う今日この頃です。