特にアナログにこだわりはないのですが :週刊少年サンデー2021/24号2021/04/23





『美神』の後半あたりから少しずつデジタル作業を導入して今に至りますけど、ペン入れはいまだにアナログです。紙に描いた原稿をスキャンして、最後の仕上げにデジタル処理を加えて、データ入稿するという形。老眼対策としてもデジタルはかなり便利なので、液タブでのペン入れに移行できればそれにこしたことはないんですが、いまのところどうにも納得のいく線が描けない。だもんでまだしばらくはペンと紙のお世話になりそうです。

手描きの原稿が手元に残るのはアナログならではで、仕上げ前の「ほぼ仕上がった状態の生原稿」は、原画展や読者プレゼントなんかに使えて重宝です。直に作業した実感のある他人の生原稿って、見てて楽しいですよね。私が初めて見た生原稿はあだち充先生の『タッチ』だったと記憶してて、あまりの美しさに「え、これ、人間が手で描いたの!?」ってびっくりしました。私の画面はあんなに美麗ではないものの、でもまあふだん本で読んでいる画面のオリジナルが目の前にあるっていう楽しさは味わっていただけるんじゃないでしょうか。

とはいえここ数年で私の作業もデジタルへの依存が高まってて、最近の生原稿は空白が多くなってきました。この葵なんかはこのあと背景と超能力の発動を演出する放電なんかを加えて、最後に擬音とフキダシを合成した状態が完成です。最近のCGを多用する映画のメイキングみたいなもんですね。背景全部ブルーバックで、俳優は合成用の全身タイツ着てたりするやつ。いろいろと応用がきいてこの方が楽なのでこうなったんですけど、生原稿としてはちょっと物足りなくもあります。


さて、いよいよ絶チルも大詰めになってきました。残り何話やるのかはまだ伏せておきますけど、単行本にまとめる都合なんかを考えるとだいたいはわかりますね(笑)。作品の主題についてはあらかた片付いたので、あとは具体的にどういう絵とシーンで締めるか、ページ数ちゃんと収まるのか・・・という段階です。

 こんだけ長くつきあってきた世界とキャラクターたちを、来年はもう描いてないというのは信じがたいことです。『GS美神』のときは私もまだ若くて、「連載が終わってもキャラとのつきあいは続くし、また描く機会はあるから」って思ってて、新しい仕事に挑戦するワクワクも強かった。その後「終わった作品のキャラを本格的に描く機会ってそうそうない」「描いても往年のファンに『絵が変わった』『ギャグのキレが違う』と言われる」「新連載はコケることもある」ということを学びました(笑)。いや『ジパング』は別にコケてませんからね? コケたのは『カナタ』ですよ? その『カナタ』だって、あれのおかげで絶チルでは渾身の全力が出せたと思ってるんで、だからまあ次の作品もなんとか・・・いや、まだその心配は早いですね。いまはとにかくチルドレンに最後の愛情を注ぎます。