俺たちの戦いはこれからだ :週刊少年サンデー2021/26号2021/05/08

 


最初登場させたとき、兵部のことは「物語をかきまわすトリックスター」だと思ってました。しかし描いているうち、だんだんあいつこそがこの漫画の<裏主人公>であることがわかってきて、彼が自分の過去になんらかの決着をつけることが、チルドレンの未来に希望を生むことになるんじゃないかなー的な。そしてついに、このたびめでたくなんか決着がついたような気がします。

 

早乙女隊長のことはアニメでアンリミテッド(←婉曲表現)して、漫画の方でも「あいつも人としてかわいそうなヤツだったんだなーって(←ざっくり意訳)」みたいなこと言ってましたけど、でもまだ彼の中では何かが成仏できないままだと感じてました。それが今回描いたとあるシーンで「あ、いまこいつの物語は完結した」と感じるに至った次第です。以下ちょっとだけネタバレなんで、封はしておきますね。漫画本編を読んだあとでクリックするか、いま先に読んじゃうかはお任せします。まーエヴァや進撃や鬼滅ほど最終回どうなるんだろうこれ感はないと思うので、これくらいのネタバレはいいかなって。

 

  
いちおう生存エンドです()
 
正直長いこと、兵部は最終回には死ぬとばかり思ってました。皆本をかばって死ぬとか、薫の卒業式に行く途中でトラックにはねられるとか、結婚式に行く途中でチンピラに刺されて死ぬとか、薫が飛行機で旅立つときに「未来を超えろ! あとエースをねらえ!」とか遺言書いて病院で死ぬとか。いやまあ「でもそんな漫画じゃないだろうな、どんな風に兵部はラストを迎えるのかな」とも思ってましたけどね()
 
今回、読者のみなさんがどう思うかは正直わからないものの、自分では描いててちょっと涙ぐむシーンが生まれました。もちろんまだ話数は残っててそこにも兵部は登場しますけど、彼自身の長い物語の終点はこの回と、あと次回もう一回になります。ここまでずっと兵部を可愛がってくださったみなさま、本当にありがとうございました。私の中の兵部も今はいい笑顔でみなさんに感謝を述べております・・・遊佐さんの声で。よろしかったらツイッターや手紙で読んだ感想を教えてくださいね。きっと私の中の兵部も喜ぶと思います。遊佐さんの声で。

コメント

トラックバック