鋼牙くん大活躍中です :少年サンデーS 2022年/04月号2022/02/25



 連載開始から半年で、ようやくもろはちゃんの「紅夜叉」フォームが登場です。漫画は白黒だし動きや音の情報がないので、変化がわかりやすいように、でももろはちゃんらしさを損なわないようなアレンジを試み、高橋先生の意見もうかがった結果あのような仕上がりに。

 変身アイテムの紅についても悩みまして、最終的に名前は「不知夜(いざよい)の紅」、デザインも京貝紅風の蛤としました。真珠はコミカライズではもろはちゃんの体内にあるという設定ですので、紅には付属してません。

 もともと「十六夜(いざよい)さまの紅」は、原作漫画にはないTVシリーズ『犬夜叉』のオリジナルエピソードに登場した、犬夜叉のお母さんの形見です。全シリーズの中でも屈指の傑作回なので、ご存じない方はぜひ配信等で見てほしい。そのアイテムをもろはちゃんの変身アイテムにするというのは素敵すぎる設定ですね。

 ただ、実はその紅、件のエピソードではとある事情で失われた・・・ということになってまして、『犬夜叉』との連携度を高めにしているコミカライズ時空では、それが再登場するのがちょっと気になります。あれこれ理屈を考えてはみたものの、もう別物にするのが手っ取り早いなと。だもんで、コミカライズ時空でのもろはちゃんの紅は「不知夜の紅」というアーティファクトであって、お祖母さまの形見「十六夜さまの紅」ではない・・とご了承ください。

 ちなみに「十六夜」も「不知夜」も読みは「いざよい」です。「いざよう」とは「躊躇う」という意味で、だから「十六夜の月」とは「なかなか出てこない月」のこと。「不知夜」は「いざよい」の古い当て字らしく、「いざ」というのは「知らず」とセットで「いざ知らず」と使う語なので、「不知」を当てたのだと思われます。昔の人の言葉遊びなんですね。

 凱風師匠はもろはちゃんの育ての親でこそなくなりましたが、コミカライズ時空でもちゃんと師匠ポジション。このあとまだもうひと働きしてもらう予定で、コミカライズ用にアレンジした設定を調整する仕事で大活躍してもらってる感があります。さすが中の人がウチの葵ちゃんと同じなだけあり、キャラに助けられたような手応えです。

 蛾ヶ御前さまも、アレンジ展開にぴたりとはまる形で出てきたんで私もびっくりしたというか。半妖の里をオミットしたんなら出てこないと思うじゃないですか。作品に魂が入るとこういうことがよくあるので、いい仕事できてるんじゃないでしょうか。デザインは「御前(レディー)」と「蛾」を強調するためにちょっとだけ変更、台詞もガガさま寄りに(笑)。


 今回はもろはちゃんのウェイトが高めですが、このエピソードは戦いを通じて登場人物全員が一歩前に進む姿を描くのが狙いです。とわちゃんとせつなちゃんの詳細は次回に持ち越しとしたものの、とりあえずとわちゃんの夜叉スイッチが入るシーンは高橋留美子先生に喜んでもらえましたよ( ´∀`)bグッ!


 三姫だけでなく鋼牙アニキや弥勒夫妻にも見せ場をご用意していて、なのでヒキは「風穴」を持った敵との対峙としました。アニメ原作でも「まるで風穴だ」つってたし、いっそ風穴そのものにした方が、弥勒さまの心に巣くう迷いと正面対決できるだろうと。ページの都合でどこまで入るかわかんないけど、可能な限り全力で私のキャラ解釈をぶち込んでいく所存ですので、次回もご期待ください。


重版出来! :少年サンデーS 2022年/03月号2022/01/27



  単行本第一巻、売れ行きがたいへん好調だそうで、ありがとうございます! 初版が少なくていろいろと心配してましたが、緊急重版が決定しました。とりあえずはいい滑り出しということでホッとしました・・・高橋留美子先生には「やーりーたーいー!」ってダダこねて、サンライズさんでは隅沢さんはじめスタッフのみなさんに「喜んでもらえるような仕上がりになるよう頑張りますので!」って言って始めた仕事なんで、絞った初版部数がぜんぜんハケなかったらどうしようかと。今後もアニメともども一緒に楽しんでいただけたらと思います。

 発売中の週刊少年サンデー本誌・9号には、第一話が出張掲載中です。

 



 さて、第五話からは弥勒さま・珊瑚ママ・鋼牙アニキが本格参戦です。

 ガンダムファンにはおなじみ「通常の三倍!!」というセリフ・・・・すいません、入れちゃいました我慢できませんでした(笑)。

『犬夜叉』での鋼牙アニキは四魂のかけらを脚に仕込んでいたわけですが、それを失っても仲間をぶっちぎる速さを誇ります。その状態で「通常の妖怪の三倍」ですので、かけらを装備すると6~7倍説。ていうか通常の妖怪って何。

 若者の物語であった『犬夜叉』での彼は、「不良少年グループを率いる可愛いワル』でした。しかし『夜叉姫』は親子の物語でもあり、鋼牙アニキは親世代に属するキャラです。コミカライズではどう解釈するか考えた結果、「お堅い仕事についてなくていつまでも子供っぽく、大人たちにはあまり良く思われてないけど、親類の子供には慕われる叔父さん」といったイメージに(笑)。

「もろはちゃんの散魂鉄爪を軽くあしらいつつ懐かしがる」という登場シーンを描きたくて、ずっと楽しみにしてました。漫画にそういうのがあるのかはわかりませんが、「こんな可愛い仔犬を」「腹いっぱい生肉食わせてやる」はたぶん彼のアドリブです。

 弥勒法師さまはアニメ準拠の長髪で登場し、戦いに備えて珊瑚ちゃんに散髪してもらって『犬夜叉』の頃の姿に戻るということにさせてもらいました。夫婦としての二人の暮らしも演出できて、ファンに喜んでもらえるいいアイデアだと思うんですけど、いかがでしょう。ちなみに当時の剃刀を調べて珊瑚ちゃんに使ってもらったものの、あまり見えない構図と芝居になっちゃったのが惜しい。


 今回は『MAO』の式神・乙弥くんがカメオ出演。衣装は彼の本体の人形に合わせました。あれ、たぶん博多人形だと思うんですが、実は博多人形のスタイルができあがったのは『夜叉姫』の時代の30年ほどあとになります。なので本当はちょっとフライング。

 「邪見さまにいつになく妙に行き届いた指示を出す殺生丸さま」は、原作とちょっと違う『異伝』時空キャラとして攻める最初の一手です。ビビって中途半端になるのが一番良くないと思うので、物語が進むにつれてかなり踏み込んだ描写もしていくつもり・・・もちろん高橋先生に相談しながらですけどね。もうめっちゃ相談しますけど(笑)。

 シャーロキアンとしていろんな人の描くホームズを楽しんでる私としては、このコミカライズ版を『犬夜叉』のパスティーシュ作品として描いているし、そのように読んで欲しいと思ってます。高橋留美子先生に「ちゃんと殺生丸っぽいよw」って言ってもらってもそれは「許容範囲」ってことであって、「先生がご自分で描くとしたらどうなるか」は別の話ですしね。私は高橋先生のオーケーが出る範囲で私の殺生丸さまを描くしかないので、読者のみなさんは「自分にとってもかなりちゃんと殺生丸さまです!」「椎名殺生丸は自分の殺生丸とはぜんぜん違う」などと楽しんでくださいませ。イヌヤシャーロキアンとして。

 

 虹色真珠は「とある原因によって妖怪の体内に<核>が生じ、時間をかけて妖力で磨かれてできる」としました。真珠だし。ついでにアニメよりちょっと数を減らすかも・・・ほら、虹色っていまの日本では七色ですけど、国や地域によって違うじゃないですか。昔の中国では五色ないし六色だったそうだし。まあ現時点では「姫たちの体内に3個、殺生丸さまが邪見さまに手渡した出所不明のものが1個、計4個登場してる」ことだけ把握しておいてください。

 麒麟丸の部下「四凶」はここで一気に二人を投入。若骨丸くんは「お父さんが武器」ってキャラにアレンジ。アニメでコミカルな悪役だった饕餮(とうてつ)どんは人間体での登場、そこから変身するという設定。アニメほどじっくり尺をとって描く余裕がないので、ダークファンタジー的な味付けで登場場面の少なさを補うという作戦です。ダークったって人間に化けてたってだけなんですが、あんなのが人に紛れてるかもしれないって私はちょっと怖いから。


そしてコミカライズ世界線における凱風師匠の役どころについては次回いよいよ明らかに。アニメ原作見た人はいろいろニヤリとしてもらえるアレンジだと思いますので、次回もお楽しみに!

 

 



単行本第一巻は1/18ごろ発売 :少年サンデーS 2022年/03月号2022/01/14




 あけましておめでとうございます。『異伝・絵本草子 半妖の夜叉姫』第1巻は1/18ごろ発売です!

 「えー、高橋留美子先生が描いてるんじゃないんだー。ちゃんとるーみっく絵で見たかったなー」という方には申し上げたい。

「先生はいま『MAO』描いてはるでしょ⁉︎」

 まあ、ファンとして私も同感ではあるんですけど(笑)。


 もっと絵柄を寄せることもできたろうとは思います。ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、うちの奥さんは元・るーみっくプロのアシスタントで、高橋先生が好きすぎてとうとう先生のとこに就職しちゃったという人なため、その気になれば模写もかなりできるんですよ。


 ただ、そっちに舵を切っちゃうと、絵以外の部分も高橋漫画っぽくすることが重要になっちゃって、私の得意なものや持ち味は二の次になります。「似せて描く」よりも「漫画作品として、自分にできる限り面白くなるよう死力を尽くす」が私の使命だと思うし、もともと限りのある私の才能に縛りを加えちゃうのは作品に対してかえって失礼かなと。


 それと、他人が描いた模写って、そっくりに見えても意外と本人は「あーそこを拾っちゃうの・・?」などと思うものでして、たぶん高橋先生は喜ばないんじゃないかなあ。じっさい「ちゃんと椎名さんの漫画になってるから、安心して読者になれる」って言ってもらってますし。ヘタに似せてたら、「いやそこはそうじゃねえだろ、貸しなさい、もう自分で描くから!」ってことにもなりかね・・・あ、それはそれでアリだったか(笑)。



  あの世界にはたくさんのキャラクターたちが生きていて、なら、高橋先生とは別の語り部がいるというのも本物の歴史のような趣があって面白いと思うのです。私がこのコミカライズを「異伝」「椎名史観」と呼ぶのは、私があの世界に取材に行って、よそ者の私の目で見た戦国御伽草子を描いたというテイストにしたかったからです。司馬遼太郎が取材を元に、史実と大きく矛盾しないように、でも戦国武将を高度経済成長期の企業戦士に見立てるという自分の切り口で『新史太閤記』書いた、みたいな感じ。


 で、私は「それは面白い企画だし是非やりたい」と思ってここまで突っ走ってきたのですが・・・単行本が出る段になって正気に戻って気づいちゃったんですよね・・・「それ、世間ではどのくらいニーズあんの? 売れるの?」って(遅い)。


 ただまあ、私は私が面白いと思って燃えた企画しか描けないわけですから、もうしょうがない。私のコミカライズが刺さる、感性の近い同志諸君が少なからず居られることを祈っております。


『異伝・絵本草子 半妖の夜叉姫』第1巻は1/18ごろ発売です!

 同志諸君、買ってね‼︎


ようこそジャ●リパークへ :少年サンデーS 2022年2月号2021/12/27



 姫たちの旅の第一歩は、退治屋の里が舞台です。成長した琥珀くんにスポットライトを当て、彼の目線で『犬夜叉』の物語を振り返ります。

 このコミカライズは「私と読者がとわちゃんと一緒に『犬夜叉』世界を訪問する」という入口から始め、「殺生丸という人物を、新たな登場人物の視点から解き明かす物語」としてアニメを再構築してます。なので、「『犬夜叉』で現場にいた人たちの、それぞれの目線からの証言」は、前日譚の説明であると同時に道しるべ。琥珀お頭の背負う過去もコミカライズではまるっと開示して、複雑な陰影を持つ父・殺生丸さまへの興味を深めてもらった次第です。

 私は琥珀くんを「過酷な世界を生きた、もう一人の草太くん」と解釈してたもんで、コミカライズ時空では親バカになった草太パパに引っ張られ、琥珀お頭もかなり三姫に甘々に(笑)。「成長した彼が、奈落に操られて殺めてしまった父親や仲間の墓前に手を合わせる」「いまもその過去から完全には逃れられないでいる」という描写は絶対に入れたくて、でもそれで物語が暗くなりすぎないように調整。

 原作『犬夜叉』版の雲母ちゃんはフキダシとか使わない子なのですが、アニメ版ではけっこう声出してて、漫画に逆輸入するとだいぶ喋る子な気がするんですよね。コミカライズではどうしようかなーと迷った末、「人間であるかごめから見ると無口だけど、半妖の姫たちの目線で見た雲母は割と喋る」と解釈しました。ついでに猫味を増してみたのですが、「抱き上げるとうにょーんと長い」とか「ベタベタしすぎると顔を肉球で押してつっぱる」とか、あんまり猫にしちゃうと別人(獣?)すぎることが判明したので、この辺が落としどころのように思います・・・・一応描いてはみたという(笑)。

 雲母ちゃんにはあまり大人数は乗れないので、この後の展開の都合もあってお頭には馬をご用意しました。絵にしてみたら、馬に乗ってると大人になった彼の威厳・権威を演出できたので、正解だったと思います。ちなみにあくまでも私の個人的かつ非公式な裏設定なんですが、愛馬の名前は「カグラ」だったりすんじゃないかなーと。

 神楽姐さんのラストシーンはシリーズ屈指の名場面のひとつなので、私はぜひ拾いたくて、でも印象的であるがゆえにそこに踏み込み過ぎると物語のバランスがそっちに振れ過ぎちゃうというジレンマがあり。なので高橋先生と相談の結果、回想はあのとき駆けつけて見守っていた琥珀くんの目線からの小さなカットにとどめるということになりました。逆に言えば、私としてはちらっとでもいいからどうしても、短い生涯を精一杯生きた彼女にふれておきたかったというか。彼女の生き様は、あとで登場するキャラクターたちに重なる部分がありますしね。

 新章の目玉は、アニメ原作では顔見せだけにとどまっていた鋼牙兄者の参戦です。アニメ世界線の延長なら菖蒲(あやめ)ちゃんもいるはずなんですが、残念ながらページの都合により出演は見送り。「鋼牙兄者のいないあいだ群を守っていてお留守番」ということかも。

 前にも書いた通り、凱風(やわらぎ)師匠は立ち位置を少し変更したついでに若返ってもらっての登場です。今回はまだセリフがないですが、次回からは関西弁でしゃべりますのでご期待ください(笑)。


 先月までのエピソードを収録した単行本第一巻は1/18ごろ発売予定です。初版部数は少なめに絞られちゃって、だからたぶん品切れになるんとちゃうかなー・・・なるといいな・・・いや品切れになるということは欲しいのに手に入らないという人が発生するということだから良くはないけど、「ほらあ!! もうちょっと刷るべきだったよね!? 重版急いで!!」と小学館さんにドヤ顔で言えるといいな。ま、電子版もありますので、もし店頭で買えなかった場合は注文・取り寄せに加えてそちらも選択肢としてご検討ください。買ってね。

りんちゃんなう :サンデーS 2022年2月号2021/12/14



 ここから新章です。

 脚色するにあたっては、何を軸にするかが背骨になるわけですけど、私は『夜叉姫』を「姫たちが冒険を通じて、新しい読者と一緒に『犬夜叉』世界を、殺生丸さまや犬夜叉先輩を理解していく物語」と解釈しました。

 で、その過程を「道のり」として表現するため、「西への旅」という設定を持ち込んだんですけど・・・このロードムービー的というか珍道中ものというか、いわゆる『西遊記』フォーマットというのは、キャラクターの成長や物語の進捗状況を旅の行程に重ね、ドラマのゴールに向かうプロセスがわかりやすくなるという利点があって、少年漫画では昔からよく使われる手です。

  犬の大将は西国の大妖怪だったわけですから、姫たちが自分のルーツである『犬夜叉』世界の核心に向かう旅として、目的地を西に設定するのは筋が通るように思います。でもじゃあなんでアニメはそうしてないのかというと、それをやると『犬夜叉』登場キャラクターたちのいる武蔵国から離れてっちゃうという。あと「西国」っていうのが具体的にどのあたりかもわかんないし、戦国時代の情勢や地理の考証をどの程度あの御伽草子世界に持ち込むのかとかいう問題も。

 コミカライズでは一本道を突き進んだ方が焦点も絞れていいんじゃないかってことで採用しましたが、まだ史実と御伽草子のバランスの落とし所は探ってる最中で、ご当地ネタや名物を出すのかとか、方言はどうすんだとか・・・・どうしましょうね。あ、いま「蠱毒のグルメ」ってネタを思いつきましたが。ボツですか。そうですね。

 ただ、今回のネームを描いた結果、アニメとはちょっと役どころが変わりつつも、凱風(やわらぎ)師匠の登場が確定しました。(こっちの世界線ではもろはちゃんの生い立ちが変わったので、師匠の出番はカットかなあ)と思ってたのに、意外です。で、アニメ原作で師匠の声を演じてらっしゃるのは、拙作『絶対可憐チルドレン』で関西弁の瞬間移動能力者・葵ちゃんを演じていただいた、白石涼子さん。計らずもコミカライズでの師匠は「西の妖狼族」ってことになってて、これはもう関西弁決定かなと(笑)。一人称を「ウチ」にするのはちょっとヤリスギな気がするんで避けますけど、俊敏な妖狼族なわけだから、「ヒュパッ」は不可避。

「絶チルとか知らないから意味わかんない」という皆様には、コミカライズ世界線ならではのスペシャルサプライズゲストもご用意しておりますので、25日ごろ発売のサンデーS、ぜひお読みください。サプライズなので誰なのかは秘密ですが・・・ヒントは


むかし『犬夜叉』CDドラマで「レギュラーなのに影が薄い」といじられていたという噂。

 単行本第一巻は1/18ごろ発売です。高橋留美子先生と私の対談記事も収録。高橋先生の著作であれば間違いなく売れるんですけど、なにしろアニメオリジナル作品のコミカライズ、しかも描いているのが私なもんで、どのくらい売れるのかまったく読めません。ということはおそらく部数は絞り気味になるんじゃないかなーと思うんで、いまのうち書店で予約していただけると安心ですよ。俺が。