ちさとちゃん、たぶんオールアップです:週刊少年サンデー 2021/29号2021/05/31



エピローグがあと数話、噛みしめながら描いてます。
うまく構想通りにエピソードがまとまるなら、ちさとちゃんと東野くんの出番はここで終わりになる確率が高いです。
このあと薫がいつものようにちさとちゃんにベタベタするカットではたいへん名残惜しそうでした。「やだ、帰さない!」ってセリフと芝居が、お約束のパターンを描いているだけなのに、なんとなく薫のアドリブって感じが。漫画にアドリブなんてあるのかどうかはわかりませんが・・・私はあるような気がします。



さて、そんなわけで完結は目前なこのタイミングで、さっき私は死にかけました。

仕事場に吹き抜けの階段があるんですが、猫がそこに飛び移ろうとして失敗して、落ちそうになって前足でぶら下がってもがいていたのですよ。それを助けようとダッシュしたら、履いていた靴下が良くなかったらしく、私も足がすごい勢いで滑って転倒。もう少しで猫と一緒に奈落に落っこちるところでした。
くわしい状況を説明するのは面倒なので省きますが、踏みとどまろうとした足がさらに滑ってひじょうに危険な体勢になってしまい、その状態でもなんとか猫は助けたものの、私は仰向けで頭から落下するか踏みとどまるかという二択で数秒間もがき、まあ最終的にはなんとか無事に免れたんですけど、あの姿勢で落ちてたら頸椎を損傷してしばらく発見されずにいた可能性は高いと思われます。

死んでいた場合、私が猫をかばったとかそういうことは家族にはわからないので、「自殺ではなさそうだけど、なぜそんなとこでそんな死に方をしたのかはまったく不明」ということになったはず。(てことは十何年も描いた連載が終わるタイミングでの変死ってことで話題になって、それでけっこう単行本売れるかもな・・・まあエピローグはまだ仕上がってないけど、前回入稿した原稿でそれなりに話はまとまってるから、ブツ切れ感もさほどないのではあるまいか)などと悪い冗談を言えるのは、無事で済んだからで。

10年ほど前には、夜中にロードバイクで走ってたらすごいスピード出してるアホなバンが路地から飛び出してきて、コンマ何秒かの差で跳ねられずに済んだということがありました。車は慌てて急ブレーキをかけましたが、タイヤがロックした状態で数十メートルも滑って行ったので、住宅街なのに80キロ以上は出してたと思われます。少しでも接触してたら私はたぶん即死。車の方はあのままコントロールを失って横転するか電柱に激突したとしても自業自得だと思いますが、お互いまったく無事にすんだのは運がよかった。

そういや某大先輩の先生も、エッセイ漫画で「仕事中に飲み物が気管に入ってしまい、こっそり溺れかけた」って話をユーモラスに描いてましたけど、一歩間違ったら本当に窒息してたかもなので実はあんまり笑えない。

そんなわけで、若かろうが年とってようが、家にいても外にいても、用心してても節制してても不測の事態は起こりうるのですよ。先日私と同年配の人気漫画家の方が急逝なさいましたが、お悔やみとして「完結させて欲しかった」ってのは、読者として気持ちはよくわかるけど、あまりよくないんじゃないかなーと。ご本人にも急なことなわけだし、完結させたら死んでいいってことでもないし。さらに「絶チルは完結しそうで良かった」とかは「早く終われ」「お前も死ぬかもしれん」つってるわけで失礼では・・・いやまあさっき死にかけましたけど。完結も目前ですけど。

(これは落ちたら死ぬな。落ちるかも)と焦っていた数秒間、(でも猫は無事でよかった)とも考えていたので、どうやら私は猫のためになら死ぬ覚悟ができているようです。この猫への愛が神様に認められ、もしものときは異世界に転生して無双してモテますように。

真実はいつもひとつ!:週刊少年サンデー2021/28号2021/05/19




これが物語の事実上の終着点で、ここから先はエピローグ・・そんな回です。

チルドレンは常に「未来へ」「人生の次のステージへ」って進む、その途中にいるキャラクターです。だからあの子たちだけの物語であるなら、どこで終わっても「明日に向かってさあ行こう!」でいけます。人生にはいろんなことがありますが、あいつらならまあなんとか元気にやってくと思うんで。

しかしそこに影を落とし続けているのが兵部の過去です。「乗り越えられない試練もある」というサンプルが彼で、チルドレンが同じように挫折することがこの物語のバッド・エンド。これがあるから物語は続けられたわけですが、大学生編を描くつもりはないので、きちんと完結するにはこれをなんとかしないといけません。逆に言えば、兵部がなんらかの形で過去から救われれば、それはチルドレンのハッピーエンドでもあるんじゃないかなと。 

高校生編は「大人たちのサポートが最小限になる中、自分たちで道を拓いていくチルドレン」を軸に描きました。さらに兵部というキャラに決着をつけるべく、あれこれやってきたのですが・・・・・・人生の全てを過去のトラウマに捧げた兵部にとっての解決って何でしょうね? 人に聞いてもしょうがないので、センセイ一生懸命考えました。そしてそのヒントは 『LAST RESOLUTION』の歌詞にあったという・・人に聞いたも同然()

アニメ『THE UNLIMITED 兵部京介』の主題歌、六ツ見純代さんが作詞してくださった『LAST RESOLUTION』には、「闇でしか裁けない原罪(つみ)がある」というフレーズがあります。その「罪」が何なのかってことが私は放送当時からずっと気になってて、六ツ見さんがどういう意味を込めたのかはともかく、この気になり方が妙に気になるというか、私にとっての解釈が何かあるはずだなと。

普通に考えればあれは「兵部と仲間たちから青春と未来を奪った大人たちの罪」で、復讐に燃えるダークヒーロー、中二病をこじらせた永遠の少年のナルシスティックでカッコイイ歌なわけですけど、きっと何か裏があります。真犯人は別にいる。


そんなわけでサンデー28号・611st sense『ラスト・リゾリューション<>』、「闇でしか裁けない罪」とは本当は何だったのか、それを犯した真犯人は誰なのか・・・・私の灰色の脳細胞が出した解答、そして描きながら自分で涙ぐんでたエピソード、どうかみなさんも納得して楽しんでいただけますように。

 


俺たちの戦いはこれからだ :週刊少年サンデー2021/26号2021/05/08

 


最初登場させたとき、兵部のことは「物語をかきまわすトリックスター」だと思ってました。しかし描いているうち、だんだんあいつこそがこの漫画の<裏主人公>であることがわかってきて、彼が自分の過去になんらかの決着をつけることが、チルドレンの未来に希望を生むことになるんじゃないかなー的な。そしてついに、このたびめでたくなんか決着がついたような気がします。

 

早乙女隊長のことはアニメでアンリミテッド(←婉曲表現)して、漫画の方でも「あいつも人としてかわいそうなヤツだったんだなーって(←ざっくり意訳)」みたいなこと言ってましたけど、でもまだ彼の中では何かが成仏できないままだと感じてました。それが今回描いたとあるシーンで「あ、いまこいつの物語は完結した」と感じるに至った次第です。以下ちょっとだけネタバレなんで、封はしておきますね。漫画本編を読んだあとでクリックするか、いま先に読んじゃうかはお任せします。まーエヴァや進撃や鬼滅ほど最終回どうなるんだろうこれ感はないと思うので、これくらいのネタバレはいいかなって。

 

  
いちおう生存エンドです()
 
正直長いこと、兵部は最終回には死ぬとばかり思ってました。皆本をかばって死ぬとか、薫の卒業式に行く途中でトラックにはねられるとか、結婚式に行く途中でチンピラに刺されて死ぬとか、薫が飛行機で旅立つときに「未来を超えろ! あとエースをねらえ!」とか遺言書いて病院で死ぬとか。いやまあ「でもそんな漫画じゃないだろうな、どんな風に兵部はラストを迎えるのかな」とも思ってましたけどね()
 
今回、読者のみなさんがどう思うかは正直わからないものの、自分では描いててちょっと涙ぐむシーンが生まれました。もちろんまだ話数は残っててそこにも兵部は登場しますけど、彼自身の長い物語の終点はこの回と、あと次回もう一回になります。ここまでずっと兵部を可愛がってくださったみなさま、本当にありがとうございました。私の中の兵部も今はいい笑顔でみなさんに感謝を述べております・・・遊佐さんの声で。よろしかったらツイッターや手紙で読んだ感想を教えてくださいね。きっと私の中の兵部も喜ぶと思います。遊佐さんの声で。

カーテン・コール :週刊少年サンデー2021年25号2021/04/29



ダブル・フェイスは初期メンバーだし、彼女たちが事件を解決するミステリーなんかも考えてたんですが、本編の主題にからませるにはちょっと使いどころが難しい子たちでした。

本来カーテン・コールというのはお芝居が終わった後にするものですが、漫画やアニメでは当然そんなのはないので、みんながチルドレンの戦いを援護に来たという体で、準レギュラーを順番に描いてみています。全員描いてるとキリがないし、物語が進まなくなっちゃうので出演キャラはかなり絞りました。ま、たくさんのキャラがちょっとずつ賑やかに登場すると、最終回直前っぽい雰囲気は出ますね。

ただし、ただの賑やかしではなく、「大勢の仲間が次々に集まってくる」という状況がひとつの仕掛けになる・・という構成にはしてみました。いやまあそんなに突飛なことを狙ってるわけではないんですけど、ここまで絶チルにつきあってきてくれた読者には楽しんでもらえるのではないかなと。


さて、これ以上のネタバレを避けると例によって話題がないです。ないからブログの更新しなくなってたわけで。猫もつきあい長くなるとそんなに目新しいことしなくなったし(笑)。

先日クルマを買い換えました。子供の頃からあこがれてた「自動運転」が欲しくて、レベル2はかなりお手頃価格帯の車種に搭載されるようになったし、でもこないだ出たばっかのレベル3搭載車はお高い上に小型だし、レベル4以上はまだだいぶ先になりそうだし、先月めでたく前のクルマのローンが終わったので。あ、自動運転レベルってのはですね、レベル2が「高速道路で、運転者が常に監視してるなら、わりかし自動運転ぽい」 レベル3が「ある一定の条件を満たしてて、呼んだらただちに自分で運転することができるなら、多少は手放しでよそ見しててもいい時がある自動運転」 レベル4「まあ割とそれなりに自動運転」 レベル5「完全自動運転なので寝ててもいいぞ」ってことらしいです。だいたい合ってると思う。ちなみに絶チルの「超度」は地震の震度のパロディーですけど、震災以後は笑えなくなってしまいましたね。<強すぎる才能や個性は、災いでもある>という主題を表現したアイデアで気に入っていたのですが、いまなら自動運転レベルのパロディーにしちゃうかも。

で、何度かドライブしてみたところ、レベル2、高速道路を走る分にはかなり楽ちんですね。最初は運転を機械に任せるのが怖かったけど、馴れてくるとどういうときにどういう挙動をするのかわかってきて、注意すべき状況と介入の必要があるタイミングがだいたい予測できるようになります。これなら自分ひとりで運転席に引き籠もり、まったく誰とも接触せずに大阪の実家まで行ったりもできそうです。いや片道8時間くらいかかるし疲れるから行かないけど。でも絶チルの次の仕事の取材で、広島と岡山に写真撮りに行きたい場所があるんですよ・・・こんなご時世だし、絶チル描き終えたらクルマで行ってみようかな・・・でも怖いし疲れそうだな・・・そしてその間猫に会えないのがネック。猫を飼うと人生の大部分が彼らに支配されますね。

あとさりげなく絶チルの次の仕事が決まったって話も混ぜました。どこで何を描くのかはまだ言えませんが、たぶん発表されたらその話だけでちょっとニヤリとしてもらえる面白い企画なので、楽しみにしててくださいませ。

特にアナログにこだわりはないのですが :週刊少年サンデー2021/24号2021/04/23





『美神』の後半あたりから少しずつデジタル作業を導入して今に至りますけど、ペン入れはいまだにアナログです。紙に描いた原稿をスキャンして、最後の仕上げにデジタル処理を加えて、データ入稿するという形。老眼対策としてもデジタルはかなり便利なので、液タブでのペン入れに移行できればそれにこしたことはないんですが、いまのところどうにも納得のいく線が描けない。だもんでまだしばらくはペンと紙のお世話になりそうです。

手描きの原稿が手元に残るのはアナログならではで、仕上げ前の「ほぼ仕上がった状態の生原稿」は、原画展や読者プレゼントなんかに使えて重宝です。直に作業した実感のある他人の生原稿って、見てて楽しいですよね。私が初めて見た生原稿はあだち充先生の『タッチ』だったと記憶してて、あまりの美しさに「え、これ、人間が手で描いたの!?」ってびっくりしました。私の画面はあんなに美麗ではないものの、でもまあふだん本で読んでいる画面のオリジナルが目の前にあるっていう楽しさは味わっていただけるんじゃないでしょうか。

とはいえここ数年で私の作業もデジタルへの依存が高まってて、最近の生原稿は空白が多くなってきました。この葵なんかはこのあと背景と超能力の発動を演出する放電なんかを加えて、最後に擬音とフキダシを合成した状態が完成です。最近のCGを多用する映画のメイキングみたいなもんですね。背景全部ブルーバックで、俳優は合成用の全身タイツ着てたりするやつ。いろいろと応用がきいてこの方が楽なのでこうなったんですけど、生原稿としてはちょっと物足りなくもあります。


さて、いよいよ絶チルも大詰めになってきました。残り何話やるのかはまだ伏せておきますけど、単行本にまとめる都合なんかを考えるとだいたいはわかりますね(笑)。作品の主題についてはあらかた片付いたので、あとは具体的にどういう絵とシーンで締めるか、ページ数ちゃんと収まるのか・・・という段階です。

 こんだけ長くつきあってきた世界とキャラクターたちを、来年はもう描いてないというのは信じがたいことです。『GS美神』のときは私もまだ若くて、「連載が終わってもキャラとのつきあいは続くし、また描く機会はあるから」って思ってて、新しい仕事に挑戦するワクワクも強かった。その後「終わった作品のキャラを本格的に描く機会ってそうそうない」「描いても往年のファンに『絵が変わった』『ギャグのキレが違う』と言われる」「新連載はコケることもある」ということを学びました(笑)。いや『ジパング』は別にコケてませんからね? コケたのは『カナタ』ですよ? その『カナタ』だって、あれのおかげで絶チルでは渾身の全力が出せたと思ってるんで、だからまあ次の作品もなんとか・・・いや、まだその心配は早いですね。いまはとにかくチルドレンに最後の愛情を注ぎます。