ほぼ『犬夜叉』番外編 :少年サンデーS 2022年/11月号2022/09/25



 三姫のパートと同時進行だし、もうちょっと「過去のちょっとしたエピソード紹介」風になるかと思ってましたが、当初の目論見以上にがっつり『犬夜叉』二次創作になっちゃいました。


 毬を持ってる幼少期の犬夜叉はアニメ準拠。私の中では藤吉郎もCV・山口勝平さんなので、犬夜叉と二役、しかも両方とも大人バージョンと子供バージョンが登場し、(アニメだったら山口さんの独壇場)と妄想しながらの執筆です。


 トビラはせつな+バイオリン。コミカライズでは萌ママと絡むヒマがなく、でも(バイオリンの誕生は1550年頃・・・宣教師が持ち込んだということにすれば、持たせること自体は可能だな)とは考えてたんですけど、漫画は音が出ないんですよね。なので無理に登場させても演出上の意味は薄まるだろうという判断で、残念ながら本編ではオミット。せめてトビラ絵だけでもってことで。


 その代わりと言ってはなんですが、姫君コスのせつなちゃんはアニメのイメージの再現ですね。ただし翡翠とは絡められなかったため、姉と従姉妹に「可愛い!!」とアニメ以上に騒いでいただき、ついでに理玖の女装もねじこんでみたという(笑)。


 藤吉郎がそれなりの地位にいることを見せるためには部下がモブだけじゃあかんやろということで、竹中半兵衛も登場。デザインは晩年の肖像画に寄せました。「若い頃は細くて女性のようだった」という説もあったそうで、コスプレ・女装作戦の立案者という場面でそれを活かせなかったのは痛恨・・・なんだけど、それが事実かどうかは怪しいらしいので、まあいいや。秀吉のところにはもうひとり黒田官兵衛という軍師がいて、二人で「両兵衛」と呼ばれ出世を支えてきたのですが、そちらが仲間になるのはたしかもうちょっと後のことです。弟の小一郎(秀長)も出したかったけど、そちらは荒事よりも事務方の担当であろうということで・・・いや、まあ、そういうリアリティーラインの漫画じゃないってことはわかってるんですけど、つい。


 宇宙ガラのトーンで冥道残月破を再現するのは手間がかかったけど楽しかったな。(原作最強の冥道残月破がわりとあっさり雑魚敵に凌がれちゃうのはどうなんだろう)という心配もしつつ、でもいちおう高橋先生には「面白いんじゃない?」とのお言葉をいただいてますので、話の都合ということでご了承くださいませ。岩魔人あらため「岩魔」の強さの理由と、当時の殺生丸夫妻については次回。たぶん。殺生丸夫妻に関してはそれなりにページを割きたいので、その次になる可能性も・・・まあ、なるはやで出せるよう頑張ります。


連載一周年 :少年サンデーS 2022年/10月号2022/08/26




 今回から単行本第四巻収録予定ぶんです。体調管理・スケジュール調整のために少しページ数は抑えめで進行します。といっても32Pは月刊連載としては十分なボリュームなんで、これまで特盛りで描いていたことをむしろ褒めていただきたい。



  夜爪の目玉をえぐって自分に移植するダークな理玖くん、いかがでしたでしょうか。ずっと温めてたネタで、描くのを楽しみにしてました。夕方放送のちびっ子向けTVアニメではこっち方向の描写はやりづらいですが、コミカライズでならこれくらいの方が戦国御伽草子らしいなと思って。整った見た目に反し、造られた存在である哀しみと残酷さを剥き出しにして一人称が「俺」に変わるくだり、高橋留美子先生は喜んでくださいました・・・「先生はこういうのお好きじゃないかなあ」と思って描いたので、「よっしゃあ!」という(笑)。


 目玉が四つある夜爪のキャラも流れに組み込めて、彼もあの末路は本望ではあるまいか。残り二つは予備として塩漬けかなんかにして保存しとくんだと思います。ちなみに夕方のTVアニメではやはりちょっとアレな理玖の全裸も力入れて描きました。そういえば私が関わらせてもらったアニメ『GS美神』『絶対可憐チルドレン』は、どっちも日曜の朝だというのに・・・まあいいや。



 魔改造しすぎて元ネタの面影はなくなっちゃってますが、新章はアニメのいくつかのエピソードを混ぜて錬成してます。ゲストは愛矢姫(役どころは変わります)に加え、コミカライズ版限定オリジナルキャラとして木下藤吉郎こと若き日の豊臣秀吉が登場。アニメの愛矢姫はお父さんが「関東管領・扇谷柊弾正さま」じゃないですか。ああいう肩書きって中世のリアリティーがあってかっこいいなと思ったんですけど、コミカライズは武蔵国から離れちゃってるんで、じゃあ代わりにいっそ歴史上の有名人出したらどうかなって。


 劇中の設定は1567~8年ごろ、信長上洛の直前。『犬夜叉』初期エピソードに「織田家の『うつけ』とは別人の武田家の信長少年」が出演していること、戦国時代のターニングポイントとなるこの時期が『夜叉姫』にふさわしい等を考えての考証です。となると戦国クラスタの方はピンと来ると思うのですが、藤吉郎は前の年に「墨俣一夜城」で名を上げており(注1)、この後「金ケ崎の戦い」でさらに出世、本格的な戦国武将となります(注2)。つまり現在の身分は高すぎず低すぎずでキャラクターとしての自由度が高く、しかも十五年ほど前、夜叉姫たちが生まれた前後には駿河国で今川家の家臣に仕えてて、そのすぐあとなぜか尾張に戻って織田信長のところに再就職してるという・・・・プロットに組み込みたくなる条件が揃いすぎてて、誘惑に勝てませんでした。

 あとアニメで犬夜叉役を演じた山口勝平さんが実は戦国マニアで、秀吉役を演じてもいらっしゃいます。なので「もしアニメだったら山口さんは犬夜叉と藤吉郎の二役」と想定した私の遊びというか、その予定もないのにアテガキ(笑)


 本来の戦国御伽草子の世界は「るーみっく味のライトダークファンタジー物語世界」で、こういうことはあんまりやらないですけど、アニメ『夜叉姫』は「古典的むかしばなし」方向にリアリティーラインを動かしてるし、コミカライズはちょっとだけ「椎名風タイムトラベルSF」寄りに。

 のちに時代に巨大な爪痕を残す妖怪的怪人物・秀吉を狂言回しに、『犬夜叉』と『夜叉姫』の狭間の出来事に触れつつ、同時進行で是露さまと夜叉姫の対決を進めたいと考えてますんで、たぶん出てくるであろう犬兄弟の新婚時代を楽しみにお待ちください。高橋留美子ファンと比較しちゃうと圧倒的に母数が少ない椎名高志ファンのみなさまは「信長さまは?」と思ってくれてる・・・・気がするんですけど(笑)、それはまあ流れ次第ですかね。



注1:1566年、「敵国(美濃)の領内にある戦術上の重要拠点に橋頭堡を築け」という信長の無茶振りを受け、家臣たちはバカ正直に攻め込んでバカ正直に工事しようとしてはボコボコにされていた。業を煮やした信長は現場マネージャーとしての才覚を見込んだ藤吉郎を任務に抜擢。藤吉郎は「事前に加工しておいた材料を搬入し、現地では一気に組み立てだけを行うプレハブ工法」「建物を作る前にまず防御柵を築く」という工夫で見事にそれを完遂。実際には柵の建設だけで数日かかったそうですが、敵の目前であっというまに砦を築いた鮮やかな手腕は「一夜城」として評判に。

注2:1570年、天下盗りの道が見えてきた信長は、調子に乗りすぎて思わぬ妹婿の裏切りに遭い、軍団壊滅・討ち死にもありうる絶体絶命の大ピンチに。信長軍本隊を撤退させるため、藤吉郎は<敗走しながら交戦することになるので全滅するのはほぼ確実>という最後尾部隊を自ら志願。同じく決死の覚悟で援護してくれた徳川家康と共に、多大な犠牲を出しつつもなんとか無事に撤退作戦を成功させ、その功績で譜代の重臣と肩を並べる地位に昇進。この時点ですでに、無名の農民の小せがれからの、異例も異例な大出世であった。

まったく清らかな関係です :少年サンデーS 2022年/9月号2022/07/26




 この二人の間になんかあったとはぜんぜん思わないんですけど(笑)、<命令に疑問を持つ渾沌にエロく詰める是露さま>という絵面をひらめいたとき「あ、これだ!」って。この絵だけで<王の不在に家臣を魅了して操る危険な女>って暗示になるし、少ない手数で<ロマンチストな騎士・渾沌><その兄をサポートするツンデレ窮奇>という、ちょっと面白いキャラ立ちに誘導できます。
 渾沌と窮奇が兄妹というアレンジは敵キャラの重心を渾沌に絞り込むためでしたが、是露様のアドリブのおかげで三人ともがなかなかいい人物像にもなった感触です。物語を作る人にはわかってもらえると思いますが、いいキャラというのは描き手の意図しないアドリブをひょいっと加えてくれることがあります。脚本の隅沢さんやキャラデザの菱沼さんがこめた魂、お借りしてる私のところでもそんな仕事をしてくれるほど活き活きしたものだってことではないかなと。

 ここまでが単行本第3巻収録。物語全体を三幕構成で考えると、第一幕終了ってところですかね。次回からの第二幕では是露さまを軸に進めたいと思います。

 コミカライズ時空における犬夜叉夫妻の状況を開示した終盤の展開はいかがだったでしょう。あの二人、実はりんちゃんの隣にいたという衝撃の事実(笑)。冒頭の牛車のくだりと同じく、ここでもキャラクターを一カ所に集中させ、物語の進行を早めております。3人一緒にいればまとめて救出できるわけで・・・じゃあ全員黒真珠の中にいてもいいんじゃないかって案もあったんですけど、まあ「真珠」が二種類出てくるのはややこしいし、こっちの方が風情もあるかなと。それに外から見ると眠ってる体ですけど、コミカライズ版の設定では彼らは・・・おっと、この先はまたのちほど。

 この世界線での「救出」がどういう形になるのか、何をどこまで救うのかは今後の展開をお楽しみに。

『犬夜叉』のトビラ絵に合わせてみたら、もろはの衣には袖がなかった件:少年サンデーS 2022年/8月号2022/06/30



 もう10話目・・・早い。あと2話で一周年ですよ。さすがに開始当初の「俺がwww高橋キャラ描いてるよオイwww」というテンションは収まって、自分の仕事として手に馴染んできている感。


 四凶編の前半は『犬夜叉』メンバーのその後を盛り込みつつ描きましたが、いまやってる四凶編後半の渾沌・窮奇戦はせつなの過去等、アレンジ世界線での『夜叉姫』背景情報を拾いつつの展開です。


 コミカライズでは3人がチームになるプロセスはだいぶ簡略化してます。一話目でとわにツンだったせつなが、三話目でもうデレてましたしね(笑)。それをさらに進め、三人ともが姉妹に近い関係にしたくて(三人の重心ができるだけまとまってる方が物語を単純化できるから)、「同じ両親を持つ双子」というとわ・せつなの絆と釣り合うだけの重さをアレンジ時空でのもろは・せつなの過去に持たせました。せつなにとって大切な存在なのだから、とわにとってももろははかけがえのない存在。同様にもろはにとっての双子も大切になるという・・・ついでにせつなの「もし一緒に育たなかったとしても・・」というモノローグは、(アレンジされたコミカライズ世界線でも、アニメでの関係を感じ取っている)という描写です。ここまで連載開始時にほぼ決定していた既定路線。


 <夢の胡蝶をせつなに授けたのが御母堂様>という展開も割と早めに決まってた・・・ように思うけど、どうだったかな。いや、少し前の打ち合わせで「すげえいいアイデア出ましたよ!! 御母堂様です! 御母堂様にやってもらいたい仕事がいくつか!!」とか言ってた気がする(笑)。御母堂様をアニメからさらにもう一歩踏み込んだキーパーソンにすれば、無口な殺生丸さまに代わって状況を説明できるし、彼の過ちを説いたり導いたりもできる唯一無二の存在が加わって物語進行が楽になります。私が考えたご母堂様の動きが高橋先生のキャラ解釈と違いすぎたらこの案は使えないなと覚悟してましたが、この先の行動に関してもおおむね許可がいただけたので、今後も御母堂様を頼りにさせていただく予定。まだちょっと先ではありますが、アニメとはまたひと味違う形でのメインキャラとの絡みも目論んでますので、御母堂様ファンはこの先もお見逃しなく。ていうか私が御母堂様めっちゃ好き。


 悪役の方もだいぶ悩んで調整。姫たちの状況がアニメとは変わっているため、渾沌と窮奇はもうほぼアニメとは別人。そのあたりはこの次の回、戦いの決着を描くパートで本格的に活きてくるので、まだ「窮奇弱すぎ」とか思うのは早いぞと・・・いやまあ渾沌と共にやられ役であることは誰の目にもあきらかなわけですが(笑)。やられ役というのは、やられる際に主人公たちの心の中の何かを一段押し上げる役目を背負っていて、だから構造上は彼らも夜叉姫たちの一部なのです。現在執筆中の第11話では仕込んだことがかなりうまくいったかなと思ってますんで、戦いの決着にご期待くださいませ。


 ところで予告しておきますが、夜爪はこの戦いでは逃げて無事なものの、あと二話、第12話であっさり死にます。こいつの死に様も割と早いうちにいいネタを思いついてて、描くのを楽しみにたんですけど、なかなか死ななくて・・・でもついに二ヶ月後に死ぬ夜爪。いやまあ誰も「夜爪どうなるのかな!?」ってドキドキしてないと思うからネタばらししたけど、もし彼の無事を祈ってた人がいたらごめん。


謎の榊原ボイス美女・・いったい誰ご母堂様なのか:少年サンデーS 2022年/07月号2022/05/29



 最初に読んで楽しんでもらいたい読者は高橋留美子先生。毎月ネームをチェックする作業が、読者だけでなく先生にとっても「おお、今月はそう来たかww」っていう楽しみになるといいなって。高橋先生クラスともなると、監修はけっこう大変なのですよ。膨大な量の商品や映像作品のチェックをしつつ、あの執筆量。わたしなんか月刊一本でいま余裕ないですからね。(ククク、原作はあるんだから割と余裕のあるスケジュールで動けるはず・・・しばらくは趣味にいそしみつつ新作のネームも)などと思っていたのにどうしたことだ。

 まあそんなわけで毎月高橋先生をちょっと驚かせようといういたずら心もあったのですが、さすがに「この先のアレンジ展開予定を今のうちに共有しとこう」って話になって、今現在もくろんでいることを洗いざらい自白。私のやりたいことと先生のイメージをすりあわせ、ラストまでおおよその形は見えました。ただ、これで各話ネームで先生を驚かせるハードルが上がり・・・いや原作者を驚かせてばっかだとまずいし、かえってチェックが大変だから。ちなみに内定をもらったネタには「もうこれコミカライズというより椎名先生の薄い本なんじゃ・・」ってものもあります。「現時点でもうすでにそんな感じだろ」というのはともかく、そのときが来たらまたお話ししますね。

 さて、九ノ章はこれまでの「異世界に来ちゃったよ!」パートがだいたい終わって、物語の全体像提示に突入したという感じでしょうか。アニメはキャラが分散しているところから徐々に一本の糸に・・・という作りなのですが、コミカライズではできるだけキャラの初期配置をまとめました。なのでせつなともろはは姉妹のように楓ばーちゃんに育てられ、就学年齢になると退治屋の里に預けられ、すでにいいコンビ。理玖と殺生丸はどうやら一緒に活動中。謎の七宝仮面の正体はまだ秘密ですが(笑)、彼はすでに犬夜叉たちの消息をつかんでおり、殺生丸チームの一員のようです。そして「夢の胡蝶」をせつなに取り憑かせたのは、ハマーン様ボイスのあのお方。アニメでの彼女の役割はたいへん面白かったものの(是露との舌戦は最高でしたね(笑))、無口なご子息に代わって複雑な状況の説明・調整役をお任せできるキャラは、この方以外いないと結論。コミカライズではアニメ原作よりも踏み込んだ関係者の一人として仕事をしていただきます。この後十・十一ノ章で、そちらの事情もかなり見えてくる・・・予定です。

 アニメ原作のせつなちゃんは、独りで厳しい世界を生き抜くことを余儀なくされ、タフさを身につけました。楓や琥珀やもろはたちに囲まれたコミカライズ時空の彼女は、いわばアニメよりもぬくぬくと育ったわけですが、でも彼らに出会ったことがやはり成長を促し、我々の知るクールで強いせつなちゃんを生むという展開です。

 窮奇さんは妹キャラとして味付けを添加。翼をとっぱらったのはなんか人間形態では邪魔そうで弱点に思えたからで、戦闘妖怪モードに変化したらちゃんと生えます。渾沌は「軍師キャラ」とし、<せつなちゃんが夜叉姫チームの頭脳・要である>という私の解釈と対に。<もろはちゃんは気配りができる優しい子><とわちゃんは二人の思いを飲み込む器>という構図です。劉備とわ・関羽せつな・張飛もろは。

 弥勒・珊瑚・鋼牙が大活躍の単行本第二巻、好評発売中です!

https://www.shogakukan.co.jp/books/volume/50897

 二巻発売を記念して、TVCMも作っていただきました! ナレーションは犬夜叉役の山口勝平さん!!

https://t.co/yxgtX64xoL