未来をいま超えよう:週刊少年サンデー2021年/33号2021/07/01



今回は原稿のリークは避けて、以前に描いた単行本の表紙です。

最終話、先ほどアップしました。

案の定「終わった・・!」という実感はありませんね。まだ単行本作業もあるし、進行がギリギリだったし、最終話で増ページもらったのはいいけどいつものリズムが崩れ、描いても描いても終わらないような感じだったし、このあと慌ただしく取材旅行だし、描き終えたあとめっちゃ時間あるような気がしてたのに、スケジュール確認したら次の予定もけっこうタイトなんで、すぐ次の準備始めなきゃだし・・・この商売、いつもそんなもんです(笑)。

1巻で描いた未来予知というのは、あくまでも「無限の可能性があるからこそ危なっかしい子供たち」「時空を超えてこんがらかった運命」という主題をあらわすシーンであって、まさか本当にそこに至るまでの・・・というか阻止するまでの時間の経過を描くことになるとは思ってませんでした。なので小学生編のラストを描いたときには「やっちまった・・この先はもう本当に全部描くしかないぞ・・行けるのかそんなとこまで・・?」という(笑)。

才能と技術と体力に限りがあるため、いろいろと手が回らなかったり至らなかった部分はあるものの、とにもかくにも十数年前にぼんやりイメージしたラストシーンにまでたどり着けて、ホッとはしてます。あとはみなさんがこの物語と結末を気に入ってくれることを祈るばかりです。

悔いが残ってるのは、本当ならアニメやってる時期に本誌連載と平行して「バッド・エンド編」とか「超能部隊編・完全版」とかもやりたかったなあと。本編での超能部隊は、全員が死ぬとこを描くと本筋が間延びしすぎるという判断で、だいぶ省略しちゃいましたしね。いま『名探偵コナン』がそういうのをきっちりやってるんで、ちょっと悔しい(笑)。まー私の生産能力ではキャラの日常を補完する4コマを追加するのが限界で、あれをやっただけでもかなりHP・MPがすり減りました。終盤は三週ごとに休ませてもらい、それでなんとか壊れずに最後までやれた次第です。いつかまた機会があれば描きたいとは思っていますが・・・しばらくぶりに絶チルを描く機会が来たとしても、ザ・チルドレンが出てこない上に登場人物が次々死んでいく話はたぶん優先度低いと思われますすいません。


 私は大勢の方に楽しんでもらえるよう、自分にできる限り間口を広くしようとはしているのですが、本質的には読者を選ぶようなものばかり描いている気がします。なので、美神にしろジパングにしろこの絶チルにしろ、気に入ってくださったみなさんは私とかなり感性の似た、選ばれし精鋭の方々ではないかと思っているのですが・・どうなんでしょうね(笑)。リアルタイムで拙作におつきあいいただき、最後までチルドレンや兵部たちを愛してくださったみなさまにおかれましては、本当に、本当にありがとうございました。

私の中にいるキャラクターたちも、みなさまに感謝と愛情を伝えてくれとのことです。架空の存在の彼らですが、私にとってはもうすっかり命を持った友人・家族です。そして心の片隅で愛してくれている間は、みなさんの中でも彼らは生き続けることができます。漫画というのはどんどん消費され忘れられていく安価な娯楽ではありますが、読者の心の本棚にしまわれて、時間が経ってもまたザ・チルドレンたちの冒険と成長を読み返して楽しんでもらえる日があるなら、私にもキャラクターたちにもこれ以上の喜びはありません。

 そんなわけで・・・最終話がみなさんのお手元に届くまでまだ時間があるし、私も単行本作業が残ってますが、とりあえずお疲れ様でした! 『絶対可憐チルドレン』最終話(第615話)LAST SENSE<絶対可憐>は7/14ごろ発売の週刊少年サンデー33号掲載です。

私は気持ちの整理と切り替えもかねて、これからひとりで弾丸取材旅行に行ってきます。どこで何やってんのかはどうせ毎日無駄にツイッターにつぶやくと思いますし、今後の動向についても近日ご報告する予定ですので、ひきつづきよろしくです(´∀`*)ノシ



次号、最終回!:週刊少年サンデー2021年/32号2021/06/25



あと一話です。本当ならもう最後まで描き終わってないといけないのですが、単行本作業とかカラーとかに手を取られて入稿が周回遅れのギリギリなため、明日から最終話の作業です。いちおうネームは先に完成させてるんで、最終話が雑誌掲載に間に合わなくて落ちるということはないと思います・・・たぶん。関係各所のみなさまにはご迷惑をおかけしておりますが、最後ですので何卒よろしくお願いします。

絶チルとお別れするという実感は、まだあまりありません。長いこと毎日、寝ても覚めても家族同然につきあってきたキャラクターをもう描かなくなるわけですから、作者が一番作品ロスに陥ってもおかしくないと思います。でも私の場合、週刊連載は4本やりましたけど、どの連載もだいたいスケジュールはバタバタで、さらに最終話ともなると作画カロリー計算が普段よりも甘くなることもあり、あまり噛みしめるヒマもないのが通例というか。そして雑誌連載が終わってもまだ単行本用の作業などもあり、でもまあ連載中はなかなかできないような時間の使い方をしてわーっと遊び、気づいたら次の仕事の準備が切羽詰まっていたりなんかして、作品ロスとかなってる場合じゃなく新たな修羅場に突入してるという(笑)。

それと、キャラクターと長く深くつきあうと、もうなんか描いてても描いてなくても、彼らは心の中に実在の人物みたくずっと存在するんですよ。美神や横島やおキヌ、信長や日吉なんかは当たり前に今もずっと一緒にいます。カナタだってちゃんといますよ・・・じゃっかん他のキャラより影は薄いですが(笑)。そんなわけで私自身はあんまり湿っぽい気分にはなってない感じです。

ただし、絶チルのキャラクターたち、とくにザ・チルドレンは、劇中でどんどん成長して変化していく子たちです。ずっと小学生の姿と言動のまま十数年つきあったのなら、もうめっちゃ不滅の存在として私の中で生き続けるのでしょうけど、ひょっとしたら作品として出力されていない間にも、成長と変化は続くかもしれません。それはそれで楽しみなような、ちょっと寂しいような。

まあとにかく、明日から数日間、チルドレンたちとの最後のセッションに挑みます。あとのことは最終話を間に合わせてから考えましょう。

長編の最後に来る日常パートは割と好き:週刊少年サンデー2021年/30号2021/06/12



 別にバトルものではない漫画でも、長期連載のクライマックスにはかなり非日常が入ってくるものじゃないでしょうか。で、それが終わったあとまた日常に戻るんだけど、もうあんまりページ数はないので読んでるとちょっとドキドキする的な。作品の中でもごく限られた時期にだけ味わえるレアな部分です。牛肉でいったらテールみたいなもんでしょうか。違うかな(笑)。


 さて、絶チルにしろ美神にしろ、売れてないわけではぜんぜんないけども、「大ヒット」かというとそうではないと思うのですよ。もちろんこんだけ長期連載させてもらえる作品ってのはそんなにないし、アニメにしてもらったりイベントやってもらったりしてるわけですから、ヒットには違いないし、卑下する必要はまったくないと思いますけども。むしろ卑下したら怒られます。とはいえ、進撃するアレとか鬼滅するアレとか、問答無用の大ヒット作がどーんとフィナーレを迎えた同じ時期、それとは違って静かに終わるのも確かなわけで。

刺さる人にだけ刺さってもらえればそれでいいと思って描いた作品が、多くの人に支持してもらえて、こんだけ長く連載して、終わるということでちょっと話題になって、本来ならお客さんじゃない人たちの耳にまで入って、「絶チルまだやってたの草」とか言われても、それは光栄なことなので別に怒りませ・・・草が生える必要あんのか(草)。

 いやまあね、そういうものだし別にいいんです。たとえば先日、萩尾望都先生がパーティーにいらしたことがネットで話題になってて、それ見た人が「萩尾先生ってまだ描いてたんだー」とか無邪気に言ってて「めちゃめちゃ描いてらっしゃるっちゅうねん。傑作を発表してらっしゃるっちゅうねん。アンテナにひっかかってなかったのは、単に受信範囲が狭いからやっちゅうねん」と思ったんですけどね。漫画界の至宝である萩尾先生ですらそんなですからね。私ごときはむしろ光栄に・・・・までは無理なので、もう忘れましょうね(笑)。

 私は他の作品を読むだけでは満たされない何かを埋めるために、自分の漫画を描いてるとこあります。どんな傑作でも、他人が描いたものである以上100%は満たしてくれませんから。そんな私の作品をかけがえなく思ってくれる読者がいたら、それはたぶん私が自分の心を埋めようとした何かが、その人の心の隙間にも合致したということです。そんな風に刺さってくれた人が何人かいてくれただけでも、私は漫画家になって良かったと思ってます。これはわりと本当。

 まーでも、国民的大ヒットもいっぺん描いてみたいですよね! 経済的にも承認欲求的にも、必要以上に満たされてみたいですよね!

 たぶん「万人に受けよう」と思ってできるモノではないだろうなとは思ってるんですけど。同じように「刺さる人にだけ刺さってくれれば」って描いて、それがものすごい数の人に刺さったという特別な作品だけがそこに行けるんじゃないかなって気が・・・いや、まだそんなことを考えてる場合じゃないですね。絶チルのラストシーンまであと少し、限られたページ数できちんと締められるよう全力を尽くします。

椎名センセイの次回作は、今作が終わった後でお楽しみに!


ちさとちゃん、たぶんオールアップです:週刊少年サンデー 2021/29号2021/05/31



エピローグがあと数話、噛みしめながら描いてます。
うまく構想通りにエピソードがまとまるなら、ちさとちゃんと東野くんの出番はここで終わりになる確率が高いです。
このあと薫がいつものようにちさとちゃんにベタベタするカットではたいへん名残惜しそうでした。「やだ、帰さない!」ってセリフと芝居が、お約束のパターンを描いているだけなのに、なんとなく薫のアドリブって感じが。漫画にアドリブなんてあるのかどうかはわかりませんが・・・私はあるような気がします。



さて、そんなわけで完結は目前なこのタイミングで、さっき私は死にかけました。

仕事場に吹き抜けの階段があるんですが、猫がそこに飛び移ろうとして失敗して、落ちそうになって前足でぶら下がってもがいていたのですよ。それを助けようとダッシュしたら、履いていた靴下が良くなかったらしく、私も足がすごい勢いで滑って転倒。もう少しで猫と一緒に奈落に落っこちるところでした。
くわしい状況を説明するのは面倒なので省きますが、踏みとどまろうとした足がさらに滑ってひじょうに危険な体勢になってしまい、その状態でもなんとか猫は助けたものの、私は仰向けで頭から落下するか踏みとどまるかという二択で数秒間もがき、まあ最終的にはなんとか無事に免れたんですけど、あの姿勢で落ちてたら頸椎を損傷してしばらく発見されずにいた可能性は高いと思われます。

死んでいた場合、私が猫をかばったとかそういうことは家族にはわからないので、「自殺ではなさそうだけど、なぜそんなとこでそんな死に方をしたのかはまったく不明」ということになったはず。(てことは十何年も描いた連載が終わるタイミングでの変死ってことで話題になって、それでけっこう単行本売れるかもな・・・まあエピローグはまだ仕上がってないけど、前回入稿した原稿でそれなりに話はまとまってるから、ブツ切れ感もさほどないのではあるまいか)などと悪い冗談を言えるのは、無事で済んだからで。

10年ほど前には、夜中にロードバイクで走ってたらすごいスピード出してるアホなバンが路地から飛び出してきて、コンマ何秒かの差で跳ねられずに済んだということがありました。車は慌てて急ブレーキをかけましたが、タイヤがロックした状態で数十メートルも滑って行ったので、住宅街なのに80キロ以上は出してたと思われます。少しでも接触してたら私はたぶん即死。車の方はあのままコントロールを失って横転するか電柱に激突したとしても自業自得だと思いますが、お互いまったく無事にすんだのは運がよかった。

そういや某大先輩の先生も、エッセイ漫画で「仕事中に飲み物が気管に入ってしまい、こっそり溺れかけた」って話をユーモラスに描いてましたけど、一歩間違ったら本当に窒息してたかもなので実はあんまり笑えない。

そんなわけで、若かろうが年とってようが、家にいても外にいても、用心してても節制してても不測の事態は起こりうるのですよ。先日私と同年配の人気漫画家の方が急逝なさいましたが、お悔やみとして「完結させて欲しかった」ってのは、読者として気持ちはよくわかるけど、あまりよくないんじゃないかなーと。ご本人にも急なことなわけだし、完結させたら死んでいいってことでもないし。さらに「絶チルは完結しそうで良かった」とかは「早く終われ」「お前も死ぬかもしれん」つってるわけで失礼では・・・いやまあさっき死にかけましたけど。完結も目前ですけど。

(これは落ちたら死ぬな。落ちるかも)と焦っていた数秒間、(でも猫は無事でよかった)とも考えていたので、どうやら私は猫のためになら死ぬ覚悟ができているようです。この猫への愛が神様に認められ、もしものときは異世界に転生して無双してモテますように。

真実はいつもひとつ!:週刊少年サンデー2021/28号2021/05/19




これが物語の事実上の終着点で、ここから先はエピローグ・・そんな回です。

チルドレンは常に「未来へ」「人生の次のステージへ」って進む、その途中にいるキャラクターです。だからあの子たちだけの物語であるなら、どこで終わっても「明日に向かってさあ行こう!」でいけます。人生にはいろんなことがありますが、あいつらならまあなんとか元気にやってくと思うんで。

しかしそこに影を落とし続けているのが兵部の過去です。「乗り越えられない試練もある」というサンプルが彼で、チルドレンが同じように挫折することがこの物語のバッド・エンド。これがあるから物語は続けられたわけですが、大学生編を描くつもりはないので、きちんと完結するにはこれをなんとかしないといけません。逆に言えば、兵部がなんらかの形で過去から救われれば、それはチルドレンのハッピーエンドでもあるんじゃないかなと。 

高校生編は「大人たちのサポートが最小限になる中、自分たちで道を拓いていくチルドレン」を軸に描きました。さらに兵部というキャラに決着をつけるべく、あれこれやってきたのですが・・・・・・人生の全てを過去のトラウマに捧げた兵部にとっての解決って何でしょうね? 人に聞いてもしょうがないので、センセイ一生懸命考えました。そしてそのヒントは 『LAST RESOLUTION』の歌詞にあったという・・人に聞いたも同然()

アニメ『THE UNLIMITED 兵部京介』の主題歌、六ツ見純代さんが作詞してくださった『LAST RESOLUTION』には、「闇でしか裁けない原罪(つみ)がある」というフレーズがあります。その「罪」が何なのかってことが私は放送当時からずっと気になってて、六ツ見さんがどういう意味を込めたのかはともかく、この気になり方が妙に気になるというか、私にとっての解釈が何かあるはずだなと。

普通に考えればあれは「兵部と仲間たちから青春と未来を奪った大人たちの罪」で、復讐に燃えるダークヒーロー、中二病をこじらせた永遠の少年のナルシスティックでカッコイイ歌なわけですけど、きっと何か裏があります。真犯人は別にいる。


そんなわけでサンデー28号・611st sense『ラスト・リゾリューション<>』、「闇でしか裁けない罪」とは本当は何だったのか、それを犯した真犯人は誰なのか・・・・私の灰色の脳細胞が出した解答、そして描きながら自分で涙ぐんでたエピソード、どうかみなさんも納得して楽しんでいただけますように。