コミカライズとわたくし :少年サンデーS 2021年/12月号2021/10/03



 第二話、完成しました。一話目はけっこうご好評いただけたようで、ほっとしてますが・・・まだ油断できません。第一話がお口に合ったみなさんには楽しんでいただける出来だとは思うんですけど、単行本一巻ぶん、第三話までの流れで良くも悪くもこのコミカライズの方向性がはっきりするという作りになってますんで、年内の私は情緒不安定のままであると思われます。なので面白かったら積極的に褒めてくださいね。


 配信はおろかまだ家庭用ビデオデッキなどなかった私の子供時代、コミカライズは子供が好きな映像コンテンツの物語世界に繰り返しひたる唯一の方法でした。高度経済成長期で爆発的に増えた子供たちの娯楽として、TVアニメ(当時は「TVまんが」と呼ばれてた)や特撮ヒーローが百花繚乱となり、そのタイアップ宣伝企画としてのコミカライズも数多く作られた・・・というのは、たぶんそんなに間違ってないと思います。いまのコミカライズとはまた状況が異なりますが。

 漫画家あるいは漫画制作プロダクションが「原作者」という形で最初からプロジェクトに参加し、アニメと同時進行で「原作という名のコミカライズ」を執筆するなどという手法もあって、『仮面ライダー』『デビルマン』『ゲッターロボ』『セーラームーン』あたりが有名ですね。その辺の作品群は「まず原作漫画があって、それをアニメ化」あるいはその逆というのとはちょっと違います。なのでアニメとはだいぶ異なる名作漫画として我々の印象に残っており、デビルマンやゲッターロボはもはや伝説というか、当時のちびっこのトラウマというか(笑)。

 私の場合は「ある程度キャリアを積んだ漫画家が自分から『やらせてくれ』と頼んで、権利者に快諾してもらって、チェックはしてもらいつつも割と自分の裁量で描く」という形ですので、もしかしたらトリビュートというやつに近いかも。私だけじゃなく藤田和日郎先生や青山剛昌先生や畑健二郎先生の描く『夜叉姫』とか読んでみたくないですか。私は読みたい(笑)。短篇でなく連載としてがっつりやるのはちょっと珍しいように思いますが・・・あ、『PLUTO』があった。あれは素晴らしい傑作ですね。 


 さて、16年も連載してた絶チルがちょうど終わって、アニメ二期が始まるタイミングでコミカライズ開始というのがもうなんかアレなんですけど、他にも本当にたまたまいろんな状況やタイミングが不思議なほどぴたりとちょうどよく揃ってて。るーみっくプロのスタッフがいまウチの奥さんがいたころのメンバー多めなのでちょっとした問い合わせが気安いとか、高橋先生と私の担当編集者が同期でやっぱり連絡が気安いとかいう細かいとこまで(笑)・・・つまりおそらく私は何かに導かれて『夜叉姫』をコミカライズすることになったと思われ、だからたぶん大丈夫です。きっと二話目も気に入ってもらえる・・・んじゃないかな。

 入稿してから発売まで一ヶ月近くあると、その間何十回も読み返しては「面白い・・・と自分では思うんだけど、読者はどうかなあ・・・いやでも高橋先生も隅沢さんも面白いって言ってくれたし・・・」という自問を繰り返し、発売する頃にはもう何がなにやらわからなくなってるのですよ(笑)。でもそれでどうなるものでもないので、すぐに第三話の作業にとりかかります。


『異伝・絵本草子 半妖の夜叉姫』第一話 :少年サンデーS 2021/11月号2021/09/27



 『異伝・絵本草子 半妖の夜叉姫』一ノ章、いかがでしたでしょうか。アニメ『半妖の夜叉姫』を、椎名史観バイアスで再構成した「異伝」としてお楽しみいただけたら幸いです。


 例外はあるものの、コミカライズにはアレンジがつきもので、なぜかというとまあたいていはページ数の都合です。映像作品のシナリオ情報量は漫画に翻訳すると分量がかなり多いため、物語の再構成は避けられません。そしてアレンジには担当漫画家の作家性や解釈が出るわけで、そこがコミカライズの面白いところです。

 私が自分の切り口にしたのは、とわちゃんが「現実世界に迷い込んでしまった、物語世界の住人」であるという視点。そして『犬夜叉』ワールドを「我々が本来けして行くことのかなわない、憧れの物語世界」として描くこと。物語・フィクションを愛するファンの気持ち、さらに言えば高橋留美子先生の漫画に憧れる私自身の気持ちを託したわけですね。

 で、たとえば原作アニメでは、希林先生は英語担任です。これはとあるキャラクターの見識の広さを反映してのことなのですが、冒頭にどうしてもあの和歌
「春の夜の 夢の浮橋 とだえして
 峰に別るる 横雲の空」
(藤原定家『新古今和歌集』)
を入れたくて、コミカライズでは古文担当に。そうすることで「あなたも『犬夜叉』世界に通じる<橋>をもう一度架けたいでしょう?」と読者に問いかけるイントロから始めたかったのです。
 しかもこの歌、いわゆる「本歌取り」なんですよ。元になった歌があって、そのオマージュ。さらに『源氏物語』の最終章『夢浮橋』ともかけてあってですね、「過去の傑作への恋文」という趣もあるという。もうこのコミカライズの導入にぴったりすぎて。


 他はだいたいページ数を詰めるための調整ですね。月刊誌漫画として1話目に必要な要素を、必死で選んでまとめた結果です。現実世界での居心地の悪さを表現するため、前半のとわちゃんにはガブ女の制服を着てもらい、「目が怖い」「目力」というキーワードでキャラをざっくり説明。さらに状況を集約するために後半に連結するエピソードはあのような形にアレンジ。思いがけず芽衣ちゃんが私の意図を的確に汲んでいい仕事してくれたこともあり(笑)、1話目で姫たちが出会って戦国時代に行くところまで持っていきつつ、日暮家の暖かさもコミカルに出せたのではないかなーと。
 怖すぎる三つ目上臈さん(笑)は、短いページ数で「現実と物語世界の境界の崩壊」を表現するために、あれくらいのインパクトは欲しかったので。うっかり読んじゃったちびっこには、一生残る恐怖で一生残る愛と勇気をね‼︎ もろはちゃんの第一声を犬夜叉先輩のセリフとダブらせたのは我ながらファインプレーだと思ってるんですが、三ツ目上臈さん怖く見せるためにちょっと大きく描いたんで、言うほど雑魚には見えないですね(笑)。

 そんな感じでアレンジして展開を早めつつ、なるべく駆け足でラストシーンを目指します。ファンの数だけ『犬夜叉』世界に通じる夢の浮き橋はあるはずですが、サンライズさんが架けた橋に乗っかった私の「春の夜の夢」に、みなさんが共感できる部分がありますように。アニメへの入り口が広がったり、アニメで活躍している姫たちへの思いがさらに深くなる、そんな仕事になるようがんばります。


 ついでに『絶対可憐チルドレン』完結の最新63巻発売中です。ぜひ買ってね!

.

第一話完成2021/09/01




 第一話、完成しました。このブログは原稿がアップしたタイミングで、予告・宣伝をかねて原稿の1カットをアップしつつあれこれ書くというスタイルなんですが、今回は発売前のネタバレはしない方向で。

『夜叉姫』を私が描くという企画は、マッチング自体が話題として面白いと思います。「椎名高志が高橋留美子漫画を描く」って、私だって笑いますもん(笑)。まあ正確にはこれは「『犬夜叉』をベースに作ったオリジナルアニメ企画」なんですが。

 発表を見て興味を持ってくれた方々は「椎名センセイ具体的に何をどう料理してどう仕上げてくるのか」という期待と不安を抱いてくれてると思うんですよね。なので、実際に手にとってお読みいただく瞬間まで、それを味わってもらおうと(笑)。

 ネームをチェックしていただいた関係者の皆さんには好評で、高橋留美子先生にも褒めてもらえたので、出来は悪くないと思います。私の自己チェック機能はしょっちゅう壊れますが、高橋先生の基準で合格なら大丈夫(笑)。週刊よりは画面の方も腰を据えて描き込めました。期待してくれていい・・・んじゃないかな・・・たぶん。少なくとも、私にとっての「自分好みのコミカライズ」には仕上がりましたので、皆さんにも楽しんでいただけたらと思います。

 そんなわけで9/25頃発売の「週刊少年サンデー・S(スーパー)増刊」11月号を、もうしばらくお待ちくださいませ。

コミカライズ『半妖の夜叉姫』2021/08/20



 椎名高志の新作はまさかの高橋留美子作品(笑)! 

 ことの起こりはアニメ『夜叉姫』の放送開始の少し前。絶チルのまとめに入っていた私が「コミカライズやんないの? 誰も描く人いないんなら、わし絶チルのあと描くよ?」「また冗談をwww」という流れから、とうとう本当に許可をいただいちゃったという。つまり企画の言い出しっぺは私なのですが、最終段階では担当編集者に「じゃ、じゃあ本当に高橋先生とサンライズさんに持ってっちゃいますけど、いいんですね? ほ、本当に話しちゃっていいんですね?」と何度も念を押され、「お・・おう・・・? ま・・まあ、一応ほら、ダメ元で・・?」みたいな。

 高橋先生の最初の反応は「椎名さんが? 本気?」でしたね(笑)。絶チルを始めるときにも高橋留美子先生にはあれこれ相談に乗っていただき、たいへんお世話になりました。なのでコミカライズは恩返しの意味も・・・・ウソです単に私がやりたかっただけなので、ただのご褒美ですすいません。だって『犬夜叉』のスピンオフですよ? 描いてみたくない漫画家なんかいる?(笑) 

 とはいえ、実際にやるとなると『半妖の夜叉姫』は『犬夜叉』が土台ですので、まず高橋先生の意向があります。そしてサンライズさんのオリジナル作品ですから、佐藤照雄監督指揮のもと、シリーズ構成の隅沢克之さんが様々な制約の中で立ち上げた世界でもあり、そちらも作品に対するこだわりや思惑があります。そこに私が何か新しいもの、私という作家が関わることの意味を持ち込むことができるのか。もし可能であったとしても、権利者のみなさんにどこまで許してもらえるのか・・・というところでちょっと迷いはあったのですが。
 しかしそんな心配は杞憂で、私が考えたアレンジ案のあれこれをお話ししたところ、「ほとんどそのまま自由に、椎名さんの作品として進めてかまわない」と快諾していただけました。

 結果として出来上がったものがどうなのか、これはもう読者に判断をお任せするしかなく、『犬夜叉』『夜叉姫』の関係者とファンのみなさんが気に入ってくれることをひたすら祈るばかりです。がんばって描いてるし、いまんとこ悪くない出来だと思うんですけどね・・・でも・・・コケたことありますし・・・いやいや・・・まあ、ここまできたらもうしょうがないっていうか(新連載前に毎回なるやつ)。

 そんなわけで椎名高志の描く『半妖の夜叉姫』、何をどう料理してどう仕上がったのか、サンデーS増刊・2021年11月号(9/25頃発売)からの連載をどうぞお楽しみに!
アニメ『半妖の夜叉姫』第2期もいよいよ始まります。併せてよろしくお願いします!
 
 そして『絶対可憐チルドレン』ついに完結の最新63巻は2021年9/17頃解禁です! 今回はおまけではなく本編の方に加筆、雑誌掲載時にはなかったシーンがある「エクステンデッド・エディション(笑)」です。買ってね!!



未来をいま超えよう:週刊少年サンデー2021年/33号2021/07/01



今回は原稿のリークは避けて、以前に描いた単行本の表紙です。

最終話、先ほどアップしました。

案の定「終わった・・!」という実感はありませんね。まだ単行本作業もあるし、進行がギリギリだったし、最終話で増ページもらったのはいいけどいつものリズムが崩れ、描いても描いても終わらないような感じだったし、このあと慌ただしく取材旅行だし、描き終えたあとめっちゃ時間あるような気がしてたのに、スケジュール確認したら次の予定もけっこうタイトなんで、すぐ次の準備始めなきゃだし・・・この商売、いつもそんなもんです(笑)。

1巻で描いた未来予知というのは、あくまでも「無限の可能性があるからこそ危なっかしい子供たち」「時空を超えてこんがらかった運命」という主題をあらわすシーンであって、まさか本当にそこに至るまでの・・・というか阻止するまでの時間の経過を描くことになるとは思ってませんでした。なので小学生編のラストを描いたときには「やっちまった・・この先はもう本当に全部描くしかないぞ・・行けるのかそんなとこまで・・?」という(笑)。

才能と技術と体力に限りがあるため、いろいろと手が回らなかったり至らなかった部分はあるものの、とにもかくにも十数年前にぼんやりイメージしたラストシーンにまでたどり着けて、ホッとはしてます。あとはみなさんがこの物語と結末を気に入ってくれることを祈るばかりです。

悔いが残ってるのは、本当ならアニメやってる時期に本誌連載と平行して「バッド・エンド編」とか「超能部隊編・完全版」とかもやりたかったなあと。本編での超能部隊は、全員が死ぬとこを描くと本筋が間延びしすぎるという判断で、だいぶ省略しちゃいましたしね。いま『名探偵コナン』がそういうのをきっちりやってるんで、ちょっと悔しい(笑)。まー私の生産能力ではキャラの日常を補完する4コマを追加するのが限界で、あれをやっただけでもかなりHP・MPがすり減りました。終盤は三週ごとに休ませてもらい、それでなんとか壊れずに最後までやれた次第です。いつかまた機会があれば描きたいとは思っていますが・・・しばらくぶりに絶チルを描く機会が来たとしても、ザ・チルドレンが出てこない上に登場人物が次々死んでいく話はたぶん優先度低いと思われますすいません。


 私は大勢の方に楽しんでもらえるよう、自分にできる限り間口を広くしようとはしているのですが、本質的には読者を選ぶようなものばかり描いている気がします。なので、美神にしろジパングにしろこの絶チルにしろ、気に入ってくださったみなさんは私とかなり感性の似た、選ばれし精鋭の方々ではないかと思っているのですが・・どうなんでしょうね(笑)。リアルタイムで拙作におつきあいいただき、最後までチルドレンや兵部たちを愛してくださったみなさまにおかれましては、本当に、本当にありがとうございました。

私の中にいるキャラクターたちも、みなさまに感謝と愛情を伝えてくれとのことです。架空の存在の彼らですが、私にとってはもうすっかり命を持った友人・家族です。そして心の片隅で愛してくれている間は、みなさんの中でも彼らは生き続けることができます。漫画というのはどんどん消費され忘れられていく安価な娯楽ではありますが、読者の心の本棚にしまわれて、時間が経ってもまたザ・チルドレンたちの冒険と成長を読み返して楽しんでもらえる日があるなら、私にもキャラクターたちにもこれ以上の喜びはありません。

 そんなわけで・・・最終話がみなさんのお手元に届くまでまだ時間があるし、私も単行本作業が残ってますが、とりあえずお疲れ様でした! 『絶対可憐チルドレン』最終話(第615話)LAST SENSE<絶対可憐>は7/14ごろ発売の週刊少年サンデー33号掲載です。

私は気持ちの整理と切り替えもかねて、これからひとりで弾丸取材旅行に行ってきます。どこで何やってんのかはどうせ毎日無駄にツイッターにつぶやくと思いますし、今後の動向についても近日ご報告する予定ですので、ひきつづきよろしくです(´∀`*)ノシ