三ノ章『戦国の絆(後編)』:少年サンデーS 2022年1月号2021/11/29




 アニメ原作で描かれていた三姫の生い立ちは、「おとぎばなし」を意識してのファンタジー風味ですね。とわちゃんとせつなちゃんの「結界で守られた森の中で二人だけで育ち、悪い魔女の手先にその楽園を襲われた」というのはたいへんロマンチックです。一方コミカライズでは、戦国武家の子供が体験しそうな悲劇のイメージに仕立ててみました。前回キャラのシーン移動を牛車を使って簡略化したのを受け、「戦」のイメージが必要だと思われたので。
『源氏物語』の六条院御殿がモデルの豪華な寝殿造りのお屋敷で「本気出した殺生丸さまの甲斐性」をさりげなく(?)描写したところ、そこから「無女をアンドロイド乳母に見立てる」というアイデアが出て、「妖怪はときに恐ろしく、人間とは異質な存在だけれど、夜叉姫たちにとっては仲間や家族でもある」という物語にまとまりました。

 無女と一緒にいる小鬼、あれはもともと殺生丸さまが犬夜叉を陥れるため、無女演じる母君をいじめる役にキャスティングした「カナシバリ」という妖怪です。私はあいつらめちゃめちゃ好きで、あの眉毛と目つきやら体型やら着物やら、なんかもう全部ツボすぎてたまりません。キモカワ。そこで今回無女さんに再出演いただくにあたり、どうしても彼らも一緒にいて欲しくてお呼びした次第です。女房装束の妖怪の周囲にああいうのがたむろしてると雰囲気盛り上がるんで、「以前殺生丸さまの座組みで仕事して以来、その後も同じ現場で組むことが多くなった」的な俺設定・・・現場あるある。

 髭を剃って目つきが変わった渾沌さんはですね、高橋留美子先生との打ち合わせで「椎名版では敵キャラの美形度を上げると面白いかも」って話が出たのでやってみたんですけど・・まあ、「椎名時空に来るとそうなんのかwww」ということで(笑)。
 ついでに「かっこいい邪見さま」を描きたいという私の個人的な欲望も炸裂させてみました。七人隊にビビりまくっていたことなどを考えると、雑魚はともかくネームドの中ボス級相手にそんなに強いようには思えませんが(笑)、ここで何があったのかは後ほどもう少し詳しい顛末が出てくる予定。今は「子供たちを守るためにがんばった」ということで、アニメで邪見さまを演じておられるチョーさんの魅力的なあのお声を、『ガンダムUC』のギルボアさん風の芝居で脳内アフレコしてくださいませ。「ティクバを・・家族を頼む・・!(ドカーン)」

 言うまでもなく、ラストのとわちゃんのナレーションには、大勢に愛された名作『犬夜叉』、そして『夜叉姫』への私の思いをこめてます。アニメOP風に走り出すところでは、一期前半の主題歌『NEW ERA』を脳内再生してもらえると盛り上がるのではないかと思います。ていうか、意識して作りました。「走りだそう 連れて行こう 約束の場所へと」という(笑)。

 エピローグで封印されているりんちゃん改めりん様のイメージは、きちんと着付けた襦袢だと江戸時代の武家奥方風な気がしたので、もう少し古風な単袴と薄衣(ただし諸事情によりスケスケではない)に変更はしたものの、他は原作を踏襲。「大枠としてはアニメと同じ物語です」という意思表明でもあるんですが、まあ何度も言いますけどどこまでを「大枠」ととらえるかは人によって違うでしょうし、キャラの立ち位置や動機を含めて各所にアレンジは加えていきますので、原作アニメとは別物っちゃ別物、でもその世界線は意外なほど近いよという。私としてはいまんとこいいバランスと距離感で構成できてると思うんで、原作の何をどう活かし、どういう意図でどうアレンジしているのかを楽しんでくださいね。

 というわけで、ここまでが序章・旅立ち編です。この三話を収録した単行本第一巻は1/18ごろ発売予定、カラーページも再現した豪華仕様となっておりますので、ぜひお買い求めください。次号、新展開が始まる第四話の舞台は、成長した琥珀くん率いる退治屋の里となります。またコミカライズ世界線ならではのサプライズをご用意しつつ現在鋭意執筆中ですので、楽しみにお待ちください。


どこの誰かは知らないけれど誰もがみんな知っている :少年サンデーS 2022年1月号2021/11/06



 第三話、完成です。

 三話目は61P、ここまでで単行本一冊分です。アニメの放送中になるはやで出せるよう、毎月大盛りのページ数で描きました。おかげで週刊連載とあまり変わらない仕事量。単行本の発売は年明けくらいですので、無理せずそれまで待っていただくというのもぜんぜんアリだと思いますが・・・週刊に馴れていると執筆してからリアクションをいただけるまでの間が長くてつらいので、お小遣いに余裕がある方はぜひ11/25ごろ発売のサンデーS/2022年1月号でも読んでくださいませ。

 いちおうここまでが序盤の1エピソードで、これでこのコミカライズのテイストがだいたいわかっていただけるかと。椎名風味にあれこれアレンジしたり省略したりしつつ、でも物語の入口と出口はアニメ原作に近いとこにとどめる・・・というスタイルです。口に合った方はぜひこの先も『半妖の夜叉姫』のバリエーションとして楽しんでいただき、合わなかった方はアニメの方をご覧くださいね。



 絶チルの終盤から鬼のように集中して仕事してきて、さすがにちょっと人間らしい生活が恋しくなってきてます。ので来月からは少しページ数を減らす予定なんですが、それでも毎回50P弱ほどのボリュームにはなります。アニメ二期は2クール・・放送が終わって、視聴者がキャラに会えなくなってちょっと寂しいとこに第二巻を投入することで売れ行きを盛りたいという思惑もあるし、私としては版権ものの仕事を何年も続けていると自分が誰だか忘れられてしまうのではないかという不安もあり(笑)、できるだけ一気に描いてしまいたい。ただ、アニメの物語を大筋でたどるとなると、急いでも一年では絶対終われないですね、これ。始めるときに薄々気づいてはいましたが。

 アニメ二期のEDっぽい現代路線を描くという手もあったんですけどね・・・『半妖の天使・プリティー夜叉姫』みたいな。「妖怪が現れたんだぞ!変身するんだぞ、とわ、せつな、もろは!」みたいな。そんでピンチになると謎のマスクをした正体不明のイケメンが助けてくれるんですよ。「殺生仮面」っていうんですけどね(笑)。こんど高橋留美子先生にそういう番外編について相談して怒られてみます。

サブタイトルが『戦場の絆』と似ていることにはあとで気づいた:サンデーS 2021年12月号2021/10/26



 「サンライズ作品だからサブタイトルは毎回ガンダムネタで行ったらどうかな(笑)」などと言っていましたが本気ではなかった。なのでちゃんと真面目に考えて『戦国の絆』ってつけたのに結果的にガンダムネタっぽい。偶然なのか無意識の所業なのか。


 さて、第二話はアニメにはないシーンの連続です。双子が生まれたシーンがかろうじて見覚えがある感じでしょうか。

 先にも述べたように、アレンジはコミカライズの宿命・・・主に分量の問題で。で、親たちが行方不明になったことを説明するとき、みんな一緒にすれば話がだいぶ早い。空飛ぶ牛車に乗れば、絵的にも一発。もろはちゃんとせつなちゃんは一緒に育っててすでにコンビを結成しているなど、序盤の情報を剪定してまとめ、漫画の展開をスピーディーにしております。退治屋の村や屍屋もすぐに登場するんですが、いまはざっくりと「育ての親は楓ばーちゃん」とし、メインクエスト進行が優先。あ、時代樹の精が面をしてて言葉遣いが古文っぽいのは、桔梗さまのキャラクター性を少し抑えて「彼女の心を受け継いではいるけれども、あくまでも別人」であることを強調するためです。ゲスト出演は嬉しいけれども、あれだけ苦労したおねえさまですからね。「ご本人は彼岸で安らかにしている」ということは、いくら強調してもやりすぎってこたないだろうと思って(笑)。印象はだいぶ原作と違っちゃいましたけど、理玖くんや夢の胡蝶などもアレンジした形で織り込めたので、独自色強めではありつつも、原作から離れすぎずに構成できたんじゃないでしょうか。

 いっぽう、圧縮形態に合わせる形でキャラクターの掘り下げも行いました。もろはちゃんとせつなちゃんがすでにお互いを信頼しあっている関係性、歳を取って脆くなっている楓ばーちゃんの心情描写なんかは、アニメ原作とは世界線が少し異なるコミカライズ版ならではのアプローチです。なかなか良い味が出たし、こういうのがメディアミックス展開の醍醐味だと私は思います。
 私のこだわりポイントは「大人なので冒険に行けない草太パパ」のシーン。行きたいよね、物語の世界。でも大人になったウェンディはネバーランドに行けないという。草太パパはおっさんだけど。コミカライズでの草太パパには、物語の世界に憧れる、大人になれないオジサンであるところの私の代弁者という仕事もしてもらってます(笑)。


 アレンジを加える際には「アニメと相乗効果が生まれるように」という気持ちを込めてます。アニメの方は新しい世代、特に低年齢層が楽しめて『犬夜叉』世界への入り口となることを意識していると思われるので、大きなお友達である私としては「じゃあこっちは『犬夜叉』との連携度をちょっと上げて、ついでに和風ダークファンタジー風味をやや強めに」って方向に舵を切り、「わーいやしゃひめのまんが版だー♪」ってうっかり読みに来た子供をくぱあーっと沼にひきずりこみたいというか(笑)。設定や構成は多少変わってますけど、実はよく見るとまったく新しい要素ってのはあまりなくて、あくまでもアニメ版あってこその脚色です。アニメ見てからコミカライズを読んだ方が三姫の可愛さが引き立つし、コミカライズ読んでからアニメを見るとキャラに陰影が加わって、より愛おしさが増す・・そんな仕事になることが目標です。


 前回のゲスト妖怪は原作通り三ツ目上臈さんでした。今回は麒麟丸さまの配下が動き出す前のジャブとしてなんかいい妖怪はないかと考えた結果・・・『犬夜叉』での登場順にちなみ、四魂の玉が飛散する原因を作った、懐かしい屍舞烏さんにゲスト出演いただきました。今回の烏たちはあの個体の子供たちという裏設定で、なので七羽います。いやほら、烏は山に七つの子があったというではないですか(笑)。

 途中チラッと出てくる十二単(じゅうにひとえ)の妖怪の正体は・・・ヒントがたっぷりすぎるのですでに察している『犬夜叉』ファンもいるかと思いますけど、次号まで内緒にしつつ、楽しみにしててくださいね。



コミカライズとわたくし :少年サンデーS 2021年/12月号2021/10/03



 第二話、完成しました。一話目はけっこうご好評いただけたようで、ほっとしてますが・・・まだ油断できません。第一話がお口に合ったみなさんには楽しんでいただける出来だとは思うんですけど、単行本一巻ぶん、第三話までの流れで良くも悪くもこのコミカライズの方向性がはっきりするという作りになってますんで、年内の私は情緒不安定のままであると思われます。なので面白かったら積極的に褒めてくださいね。


 配信はおろかまだ家庭用ビデオデッキなどなかった私の子供時代、コミカライズは子供が好きな映像コンテンツの物語世界に繰り返しひたる唯一の方法でした。高度経済成長期で爆発的に増えた子供たちの娯楽として、TVアニメ(当時は「TVまんが」と呼ばれてた)や特撮ヒーローが百花繚乱となり、そのタイアップ宣伝企画としてのコミカライズも数多く作られた・・・というのは、たぶんそんなに間違ってないと思います。いまのコミカライズとはまた状況が異なりますが。

 漫画家あるいは漫画制作プロダクションが「原作者」という形で最初からプロジェクトに参加し、アニメと同時進行で「原作という名のコミカライズ」を執筆するなどという手法もあって、『仮面ライダー』『デビルマン』『ゲッターロボ』『セーラームーン』あたりが有名ですね。その辺の作品群は「まず原作漫画があって、それをアニメ化」あるいはその逆というのとはちょっと違います。なのでアニメとはだいぶ異なる名作漫画として我々の印象に残っており、デビルマンやゲッターロボはもはや伝説というか、当時のちびっこのトラウマというか(笑)。

 私の場合は「ある程度キャリアを積んだ漫画家が自分から『やらせてくれ』と頼んで、権利者に快諾してもらって、チェックはしてもらいつつも割と自分の裁量で描く」という形ですので、もしかしたらトリビュートというやつに近いかも。私だけじゃなく藤田和日郎先生や青山剛昌先生や畑健二郎先生の描く『夜叉姫』とか読んでみたくないですか。私は読みたい(笑)。短篇でなく連載としてがっつりやるのはちょっと珍しいように思いますが・・・あ、『PLUTO』があった。あれは素晴らしい傑作ですね。 


 さて、16年も連載してた絶チルがちょうど終わって、アニメ二期が始まるタイミングでコミカライズ開始というのがもうなんかアレなんですけど、他にも本当にたまたまいろんな状況やタイミングが不思議なほどぴたりとちょうどよく揃ってて。るーみっくプロのスタッフがいまウチの奥さんがいたころのメンバー多めなのでちょっとした問い合わせが気安いとか、高橋先生と私の担当編集者が同期でやっぱり連絡が気安いとかいう細かいとこまで(笑)・・・つまりおそらく私は何かに導かれて『夜叉姫』をコミカライズすることになったと思われ、だからたぶん大丈夫です。きっと二話目も気に入ってもらえる・・・んじゃないかな。

 入稿してから発売まで一ヶ月近くあると、その間何十回も読み返しては「面白い・・・と自分では思うんだけど、読者はどうかなあ・・・いやでも高橋先生も隅沢さんも面白いって言ってくれたし・・・」という自問を繰り返し、発売する頃にはもう何がなにやらわからなくなってるのですよ(笑)。でもそれでどうなるものでもないので、すぐに第三話の作業にとりかかります。


『異伝・絵本草子 半妖の夜叉姫』第一話 :少年サンデーS 2021/11月号2021/09/27



 『異伝・絵本草子 半妖の夜叉姫』一ノ章、いかがでしたでしょうか。アニメ『半妖の夜叉姫』を、椎名史観バイアスで再構成した「異伝」としてお楽しみいただけたら幸いです。


 例外はあるものの、コミカライズにはアレンジがつきもので、なぜかというとまあたいていはページ数の都合です。映像作品のシナリオ情報量は漫画に翻訳すると分量がかなり多いため、物語の再構成は避けられません。そしてアレンジには担当漫画家の作家性や解釈が出るわけで、そこがコミカライズの面白いところです。

 私が自分の切り口にしたのは、とわちゃんが「現実世界に迷い込んでしまった、物語世界の住人」であるという視点。そして『犬夜叉』ワールドを「我々が本来けして行くことのかなわない、憧れの物語世界」として描くこと。物語・フィクションを愛するファンの気持ち、さらに言えば高橋留美子先生の漫画に憧れる私自身の気持ちを託したわけですね。

 で、たとえば原作アニメでは、希林先生は英語担任です。これはとあるキャラクターの見識の広さを反映してのことなのですが、冒頭にどうしてもあの和歌
「春の夜の 夢の浮橋 とだえして
 峰に別るる 横雲の空」
(藤原定家『新古今和歌集』)
を入れたくて、コミカライズでは古文担当に。そうすることで「あなたも『犬夜叉』世界に通じる<橋>をもう一度架けたいでしょう?」と読者に問いかけるイントロから始めたかったのです。
 しかもこの歌、いわゆる「本歌取り」なんですよ。元になった歌があって、そのオマージュ。さらに『源氏物語』の最終章『夢浮橋』ともかけてあってですね、「過去の傑作への恋文」という趣もあるという。もうこのコミカライズの導入にぴったりすぎて。


 他はだいたいページ数を詰めるための調整ですね。月刊誌漫画として1話目に必要な要素を、必死で選んでまとめた結果です。現実世界での居心地の悪さを表現するため、前半のとわちゃんにはガブ女の制服を着てもらい、「目が怖い」「目力」というキーワードでキャラをざっくり説明。さらに状況を集約するために後半に連結するエピソードはあのような形にアレンジ。思いがけず芽衣ちゃんが私の意図を的確に汲んでいい仕事してくれたこともあり(笑)、1話目で姫たちが出会って戦国時代に行くところまで持っていきつつ、日暮家の暖かさもコミカルに出せたのではないかなーと。
 怖すぎる三つ目上臈さん(笑)は、短いページ数で「現実と物語世界の境界の崩壊」を表現するために、あれくらいのインパクトは欲しかったので。うっかり読んじゃったちびっこには、一生残る恐怖で一生残る愛と勇気をね‼︎ もろはちゃんの第一声を犬夜叉先輩のセリフとダブらせたのは我ながらファインプレーだと思ってるんですが、三ツ目上臈さん怖く見せるためにちょっと大きく描いたんで、言うほど雑魚には見えないですね(笑)。

 そんな感じでアレンジして展開を早めつつ、なるべく駆け足でラストシーンを目指します。ファンの数だけ『犬夜叉』世界に通じる夢の浮き橋はあるはずですが、サンライズさんが架けた橋に乗っかった私の「春の夜の夢」に、みなさんが共感できる部分がありますように。アニメへの入り口が広がったり、アニメで活躍している姫たちへの思いがさらに深くなる、そんな仕事になるようがんばります。


 ついでに『絶対可憐チルドレン』完結の最新63巻発売中です。ぜひ買ってね!

.