家族の肖像 :少年サンデーS 2023年/3月号2023/01/28



今回のエピソードまでが単行本第4巻収録となります。ここらで過去の出来事を一気に説明したいんですが、その間夜叉姫たちが完全に引っ込むのもどうかと思うので、ちょっと構成に悩み中。

七星は渾沌と同じく少し若返らせ、最初から是露さまの部下に。コミカライズでは「サディスティックな変態」というキャラ立てだと夜爪とかぶっちゃうため、夜爪とはじゃっかん方向性の違う「マゾヒスティックかつナルシスティックな変態」ということにしました(笑)。その結果として是露さまのキャラとも絡められたので、そこはうまくいったんじゃないでしょうかね。興奮して無自覚に是露さまの痛いとこついてくるという。ちなみに歯にグラデトーン貼ってあるのは昔のお化粧、「お歯黒」です。キャラ表には「貴族妖怪」って描いてあるのに、漫画では変態ばっか強調して貴族的なとこが減っちゃったなと思って。お歯黒はふつう既婚女性のお化粧ですけど、都の都会的おしゃれ貴族紳士もやってたのだとか。じゃあかごめちゃんや珊瑚ちゃんもお歯黒すんのかってことになるんですが、現代の美的感覚と違いすぎるので時代劇ではたいていスルーするのがお約束。「退廃的な貴族」ってキャラを表現するとき雰囲気出すために急に出てきたりします。

姫たちが旅をする設定にしたとき、「屍屋には『座』(商売する権利と資格を独占する組合みたいなもの)があって、全国チェーンにしたらどうかな」「昔のRPGゲームみたいに全国どの店にも同じ顔のオッサンがいる」というネタを思いついて、このたびそれを採用。獣兵衞さんと竹千代はストーリーを構成する部品としては省略する選択肢もあったと思うのですが、彼らがいないと『半妖の夜叉姫』らしさが半減するような気がします。ので、今後も登場してもらう予定。

おやかたさまの説明の通り、妖霊星はざっくり「天体タイプの妖怪」と定義しました。意志・悪意を演出するために目玉をつけ、迫力が出るようあれこれ悩みながら描いてたんですけどね。入稿したあとで「なんか鬼●郎のバック●アードさまに似ちゃったかな・・・」と気づいたという。「このロ●コンどもめ!!」ってネットミームでしか知らないんだけど。

おやかたさまと若殺生丸さまは劇場版犬夜叉『天下覇道の剣』準拠、でもあれよりもちょっと前です。トビラだけうっかり若殺生丸さまの帯に柄つけちゃいましたけど、帯は無地が正解ですね。<本編よりもさらに血の気が多く、まだ未熟さが残る若者>として描きましたが、親子関係や心理描写にあんまり踏み込んじゃうと、人間くさくなりすぎて妖怪としての神秘性がなくなります。かといって遠慮しちゃってもキャラが生きません。ので、芝居にはかなり神経を使いました。ご子息もなんですが、おやかたさまが奥方への気持ちの片鱗を表明するというのも迷ったポイントで、でもそこは私がずーっと「御母堂さまのことは!? ねえ十六夜さまラブもいいけどチラッとでもいいから御母堂さまのことにも触れて!?」って思ってたのでやむなし。20年越しの個人的な何かが。


アニメではおやかたさまや若殺生丸さまと絡まなかった冥加じいちゃんを出すにあたり、高橋先生に「ちょっと若く描いていいですか」と相談し、あのような仕上がりに・・・いやまあ、獣兵衞さんとか七星とか妖霊星とか冥加じいとか、ファンからすると割と重要度低いキャラだとは思うんですけどね。冥加じいに『犬夜叉』でやった毒抜きを再現してもらったとことか、もっと褒めて褒めて。

メビウスの輪:少年サンデーS 2023年/2月号2022/12/24



『異伝・絵本草子 半妖の夜叉姫』単行本1~3巻、好評発売中です!

 担当に指摘されて気づいたんですけど、せっかく冒険の目的と旅の目的地をダブらせる設定を導入したのに、それを一度も図にしてませんでした。劇中でそれなりに描写したり言及したからわかるだろうと思ってたものの、地理に疎い人にも一目瞭然にするのが漫画のホスピタリティ。で、急遽トビラ絵をロードマップに差し替えました。
 楓の村・退治屋の里・屍屋はそれぞれ、練馬・調布・品川あたりだと私は推測してるんですけど、地図では練馬・八王子・小田原あたりになっちゃってます。これはまあ縮尺の都合と、地点の正確性よりも旅の進捗イメージを優先したためです。たぶん正確な場所は原作者含めて誰にもわからないと思うんで(笑)、「学術的には解明されていない歴史の謎を、コミカライズが創作で埋めた」的なアレだと思っていただければ。いまんとこ暫定的なゴールは理玖が提示した堺になってますが、時代樹が行けと命じていた最終目的地「西の果て、日の本の大地尽きる処」はいまんとこ九州、五島列島と考えてます。遠藤周作の『沈黙』の舞台ですね。

 じゃんけんのような三つのジェスチャーで勝負する遊びを「三すくみ拳」「虫拳」と言います。起源は大陸で、 本編で触れたように平安時代にはもう伝わっていたそうです。遊ぶ際の細かな作法やかけ声に関しては資料が残ってなくて、「リャッケンホーエ」は私の創作。元ネタは仏教語の「料簡法意」という言葉で、「じゃんけん」の語源なのだとか。意味はざっくり「御仏の真意を考える」なので、「神さまの言うとおり!」ってニュアンスですかね。

 正体を現した敵はアニメにも登場した「常世の虫」。コミカライズの是露さまを虫の化身としたことを踏まえ、頭部のデザインをちょっとリアルな虫に寄せました。アニメ原作とは違うけど類似した状況で、未完成ながら「所縁(ゆかり)の断ち切り」に覚醒するせつな・・・進行の都合でコミカライズでは武器強化イベントは省略し、キャラの成長に伴って武器も自動的に変化していくという方針です。てことは残念ながら刀々斎さまは出番がないかなあ。そしてこっちの世界の是露さまの杖は、ブラックホール的なものを発生させる兵器だと思われます。冥道発生装置的な。
 覚醒したりおんちゃんはアニメよりも気が強い感じですが、休眠状態の幼女感と合わせて混ぜると原作に近いとこに行く感じを狙ったというか。麒麟パパや是露おばさまのアカンとこを、アニメ同様容赦なく言語化してぶった切っていただく予定。


これからしばらく是露さまの過去や虹色真珠の由来、犬夜叉たちが失踪した顛末など、この物語の心臓部に踏み込む展開となります。やることが多いこのあたりが一番構成に苦労しそうですが、とわちゃんたちが早く両親と再会できるようがんばります。

ではみなさま、良いお年を。


オマージュすること火の如く:少年サンデーS 2023年/1月号2022/11/27


『異伝・絵本草子 半妖の夜叉姫』単行本1~3巻、好評発売中です!

 今回はおおまかに3パート構成です。

 最初のパートは秀吉編エピローグ。のちに天下人となる藤吉郎が内に秘めたエネルギー、ヤバい面を、妖怪と重ねました。作中に出てくる大人の男性は夜叉姫にとっては父性の物差し・投影対象でもあります。琥珀や草太のような暖かい人間とは違う種類の怪人物を出すことで、殺生丸さまへの不安を抱くように仕向けたのです。

 で、そのとわちゃんとせつなちゃんの不安を受けて始まる中盤。殺生丸さまが妖怪であっても愛情深い人物であると読者に明かしつつ、『犬夜叉』と『半妖の夜叉姫』の間にあったはずの、りんとの関係の変化を描いた場面。(コミカライズでは『犬夜叉』への依存・連携を強めたため、二人の関係が変わるプロセスは必要だろう)と考え、だいぶ前から「人間の恋愛描写とはテイストの違う、幻想的な演出の<概念的ラブシーン>を作れないか」と高橋留美子先生に相談してました。

「初対面で水をかけたのは、殺生丸を神様だと思っていたから」というのは、高橋先生がQ&A記事で答えていた裏話を拾ったものです。だからあそこは私の創作じゃなく史実。ただし、実はアニメ版『犬夜叉』ではりんちゃんが水をぶっかけるくだりはカットされてまして、ということはそこを擦るのはアニメ時空としてはレギュレーション違反ですね。とはいえ原作読者ならあの出会いは強く印象に残ってるはずで、執筆当時に作者の中にあったイメージ、いわば「語られざるエピソード」を追加してそれを土台にすればシーン全体に説得力が生まれます。だもんでこのネタを使わない選択肢はなかったです。

 そんなこんなで出来上がった殺生丸さまとりんちゃんの超モフモフシーン、高橋留美子先生には「いいですね。ファンも喜んでくれると思います」というお言葉をいただきましたんで、みなさんの心もモフモフすることを祈ります。

 最後のパートは・・・・まさかの『人魚の森』ネタ(笑)。

 いや、ほら、前回是露さまは「待てない殺す」って言ってたから、京都に着く前になんか仕掛けてくるはずじゃないですか。で、「竹林で怪しい霧に遭遇した夜叉姫の前に、怪しい美少女が怪しい感じに現れる」ってイメージが浮かんだので掘り進んだら、なぜかこうなったという。名前がかぶるのを避けてちょっともじりましたけど、どう考えてもキャラも構図もこれしかないだろという謎の確信(笑)。そのまま高橋先生に見せて「やっぱヤリスギっすかね」「笑っちゃったので今回だけは許す」となった次第です。人魚シリーズは漫画読みの心に突き刺さるマジすごい傑作ですので、未読の方はぜひ読んで。

 ところで「五里霧中」は中国・後漢時代の伝説が元ネタで、この「五里四方を覆う霧」というのは人を迷わせるために仙術で発生させたものなのだそうです。理玖のセリフにこの言葉が自然に出て、あとで辞書で調べて「へー! まさにこのシチュで言うべきセリフじゃん!」って思いました。キャラが私の知らない知識を元にアドリブで喋った・・・あるんだ、そんなこと。



疾風(かぜ)を駆け抜けて:少年サンデーS 2022年/12月号2022/10/26



 単行本最新第三巻、好評発売中です! この巻からは七宝ちゃんと御母堂様が参戦。弥勒・珊瑚夫妻の後日談や、お約束のお風呂シーンもあるよ! 理玖・りおん・竹千代も仲間に加わり、殺生丸さまの爆砕牙が炸裂し、犬夜叉・かごめの現状も明かされます・・・・令和リブート版アニメ『うる星やつら』も始まったことですし、「書店様の『高橋留美子フェア』に堂々と紛れ込む椎名高志」という漫画史に残る貴重な小ネタに参加する意味でも、ぜひお買い上げくださいませ。

 さて、今月号の『夜叉姫』は・・・・

 アニメの愛矢姫は翡翠と縁のあるキャラですが、コミカライズ時空でもこのあと出会うかどうかはいまんとこ不明。彼女の「おてんば」を、「元気すぎ」とか「ワガママ」から一歩踏み込んで、「武家社会に息苦しさを感じている子」と解釈しました。アニメでもそんなことを言ってましたし、そこに焦点を当てると自分の居場所を探すとわと重なるなと思って。その上で「世の女子たちを元気にしたい」と言わせ、物語が重くなりすぎないようギャグにしつつも救いをあげたかったというか、彼女が自分を救えるようにしてあげたかったというか。

「天下を~変えとうござるよ~♬」って歌詞、自分ではめっちゃ笑ったんですけど読者に伝わるかどうかは不明。メンバーにはのちの『軍師官兵衛』がいるんですが、秀吉回なのにそこはうまく拾えませんでした・・・あ、いや、「武威六人隊」は架空のオリジナルキャラであり、実在の人物・グループとは無関係です。

 

 是露さまは蝶の意匠を身にまとってて、武器は蜘蛛がモチーフというキャラですが、あれ、彼女の二面性を象徴してるんだと思うんですよね。そこで私は彼女は特定の生き物ではなく「虫の神秘的な生命力」の化身であるとし、「分身にスズメバチを使う」という設定を追加。獰猛さと優しさ、美しさと醜さ、矛盾するさまざまな要素の根っこにあるのは「幸せになりたい」と願う小さな生命のいじらしさや儚さ、強さや激しさである・・・という解釈です。今回のために海洋堂さんの可動フィギュア『リボジオ オオスズメバチ』買いまして、これがものすごい出来で作画資料としても素晴らしく、たいへんありがたかったです。

 今回の話にりおんちゃんは出番がないと思ってたんですが、夜叉姫たちを見守る存在に彼女だけが気づくというのは自分でも予想外でした。原作アニメで「犬夜叉・かごめは黒真珠の中からもろはを見守っていた」とあったのを回収するネタです。

 過去編で犬夜叉が家族についての思いを語るシーン、あれ実は「もろは」という名前の由来につながってます。早く本人に伝えられるといいですね。

 殺生丸夫妻の新婚エピソードは結局持ち越し。予定では犬夜叉が「殺生丸の奴も今こんな気持ちなんだろうか」って振るはずだったんですけど、それだと話のついでって感じになって構成のバランスが悪い気がしたため、もう分けちゃうことにしたのです。次回じっくり描けると思いますんで、ご期待ください・・・いや、まあ、あくまでも「高橋留美子じゃない他の作家、私が考えた、妖怪と人間のラブストーリーの断片」ですので、過度な期待をされても困りますが(どっちだ)。


ほぼ『犬夜叉』番外編 :少年サンデーS 2022年/11月号2022/09/25



 三姫のパートと同時進行だし、もうちょっと「過去のちょっとしたエピソード紹介」風になるかと思ってましたが、当初の目論見以上にがっつり『犬夜叉』二次創作になっちゃいました。


 毬を持ってる幼少期の犬夜叉はアニメ準拠。私の中では藤吉郎もCV・山口勝平さんなので、犬夜叉と二役、しかも両方とも大人バージョンと子供バージョンが登場し、(アニメだったら山口さんの独壇場)と妄想しながらの執筆です。


 トビラはせつな+バイオリン。コミカライズでは萌ママと絡むヒマがなく、でも(バイオリンの誕生は1550年頃・・・宣教師が持ち込んだということにすれば、持たせること自体は可能だな)とは考えてたんですけど、漫画は音が出ないんですよね。なので無理に登場させても演出上の意味は薄まるだろうという判断で、残念ながら本編ではオミット。せめてトビラ絵だけでもってことで。


 その代わりと言ってはなんですが、姫君コスのせつなちゃんはアニメのイメージの再現ですね。ただし翡翠とは絡められなかったため、姉と従姉妹に「可愛い!!」とアニメ以上に騒いでいただき、ついでに理玖の女装もねじこんでみたという(笑)。


 藤吉郎がそれなりの地位にいることを見せるためには部下がモブだけじゃあかんやろということで、竹中半兵衛も登場。デザインは晩年の肖像画に寄せました。「若い頃は細くて女性のようだった」という説もあったそうで、コスプレ・女装作戦の立案者という場面でそれを活かせなかったのは痛恨・・・なんだけど、それが事実かどうかは怪しいらしいので、まあいいや。秀吉のところにはもうひとり黒田官兵衛という軍師がいて、二人で「両兵衛」と呼ばれ出世を支えてきたのですが、そちらが仲間になるのはたしかもうちょっと後のことです。弟の小一郎(秀長)も出したかったけど、そちらは荒事よりも事務方の担当であろうということで・・・いや、まあ、そういうリアリティーラインの漫画じゃないってことはわかってるんですけど、つい。


 宇宙ガラのトーンで冥道残月破を再現するのは手間がかかったけど楽しかったな。(原作最強の冥道残月破がわりとあっさり雑魚敵に凌がれちゃうのはどうなんだろう)という心配もしつつ、でもいちおう高橋先生には「面白いんじゃない?」とのお言葉をいただいてますので、話の都合ということでご了承くださいませ。岩魔人あらため「岩魔」の強さの理由と、当時の殺生丸夫妻については次回。たぶん。殺生丸夫妻に関してはそれなりにページを割きたいので、その次になる可能性も・・・まあ、なるはやで出せるよう頑張ります。