コミカライズ『ウルトラマンネクサス』、解禁!!2015/05/18


 コミカライズ『ウルトラマンネクサス』単行本、連載から10年ぶりに発売です!


 ワタシは「絵を描く」ことよりも「シナリオを構成する」ことの方が得意で、アクションやスペクタクル画面の構築には力不足を感じてます。ただその分、見ようと思ってもなかなか全話通して視聴するのはハードルが高いであろう番組の、物語としての最重要ポイントを、可能な限り詰め込んで構成することには全力を尽くしました。大勢のネクサスファンにそこを評価してもらえて、この10年「単行本はまだですか」という声を寄せ続けていただけたことはとても嬉しくて有り難かったです。この本が出せたのは、まずなによりもみなさんの応援のおかげです。10年前の絵は修正を加え出すと全ページ直したくなりますし(笑)、当時の作品を復刻するという意味で、手を加えずにほぼそのまま収録しました。


 連載当時、「四話分の内容を11ページに、物語のツボは押さえて好きなようにまとめる」というのを毎回楽しくやらせていただき、円谷プロからのチェックというのはほとんどありませんでした。届いたシナリオを何度も読み込んで「ここ! ここが大事!」って部分を絞り込み、俳句を作るのに近いノリでページの中にはめ込んでいくと、渋谷プロデューサーからは「そうです! そこ大事です!」って反応をいただけるという、心が通じ合っている感(笑)。

 当時私はいろいろと悩んでて、ちょっと漫画を描く楽しさを見失いかけてたのですよ。そこにこの仕事やらせていただいて、しかも自由にさせてもらえたのは本当に有り難かったです。小学生の頃、好きな映画を勝手にコミカライズしてノートに描いてたことがあったんですが、そんな楽しさ。しかも題材がウルトラマンですからね。「そういやラクガキ帳に何度もウルトラメカや怪獣を描いたっけなあ」的な。いやもちろんマ●ンガーZや仮面ラ●ダーも描いてましたが、ここはウルトラ中心に話をまとめたい

 そんなわけで、話を持って来てくれて、しかも異例のやりたい放題を許してくださった『てれびくん』編集部と円谷プロ、特に渋谷プロデューサーと担当編集者の中門さんに心からお礼を申し上げます。



 書き下ろし部分では連載時よりも多いページ数で、主に最終話Bパートをシリーズ全体の総括として組み立てることになりまして、その際原作にはない部分を多数追加してます。<吉良沢にはそれまでの100ページで拾いきれなかった部分の解説とまとめを徹底的にやってもらい、結果的に他のどのキャラよりも台詞が多い>とか(笑)。最後の「銀色の星のように・・」なんかは主題をはっきり言葉にしちゃってて、本当ならセリフであそこまでストレートに語るべきでないとは思ってます。とはいえ、漫画では言葉を超える分量でドラマを積み重ねられなかったのと、あれは私の『ウルトラマンネクサス』とウルトラシリーズへの万感をこめた言葉でもあり。

 たいていの男の子はヒーローに憧れ、自分も正しく強く優しくありたいと思いながら番組を見ると思うのですよ。でも大人になるとそれを忘れて、現実に負け、幼い頃の理想を裏切る生き方をしてしまうこともあります。でもね、あの頃の少年は今も我々の心の奥にいます。ヒーローというのはただの荒唐無稽なファンタジー、ただのキャラクター商品ではなく、未来に憧れる子供たちの理想なのです。これからも続いていくであろうウルトラマンを見かけたとき、どうかそれを思いだしてほしい。「今の自分は、幼い頃の自分に喜んでもらえる存在だろうか」「弱い者を踏みにじったり、卑怯な行いをしていないだろうか」って考えるきっかけにしてもらいたい。自分が悪や災いではなく、それに立ち向かって優しく力強く善を為そうする存在の側であると信じて疑わなかったことを思い出すための目印。遠く小さいけれど、暗い海を航海する船を導く、夜空の一角に輝く不動の光―――それがワタシの<銀色の星>なのです。


 <変身した孤門が姫矢と憐の思いを受け継いでノアの姿になる>という流れはほぼ原作通り。台詞もそのままですね。が、このあとワタシは溝呂木もちょろっと出して、<二人のウルトラマンの思いに加え、彼の贖罪も引き受ける>という改変を加えました。もちろん原作のダークメフィスト・ツヴァイのエピソードを意識して、そのエッセンスを拾うためです。あれはシリーズ構成中のいわば「島編」的寄り道、独立したエピソードなわけで、ダイジェストには入れようがなかったんですよ。でも溝呂木を通して人間の弱さや葛藤がうまく描かれた名エピソードだとワタシは思うのです。「人間は弱い。だから間違いもおかす。でも苦悩の果てにセカンド・チャンスは必ずある」っていう。あとツヴァイかっこいい
 そこに渋谷プロデューサーが巻末記事のコメントできちんと反応してくださってるのがもうね、嬉しくて(笑)。「ああヤダもう、相変わらずわかってくださってる・・・!!」って思いました(笑)。


 連載パート同様、セラちゃんには「光の意志」を言葉にする巫女的な仕事をしてもらいました。彼女は姫矢の心に棲む幼い亡霊で、そのイノセントさゆえに光の代弁者としてふさわしいかなと。けしてセラちゃん役の田中舞ちゃんが可愛いから個人的に出番を増やしたとかいうことではなく。いや可愛いけれど。最後の見返しページが彼女の写真ってのが編集部もわかってますよね(笑)

 孤門の恋人・リコはこの作品の方向性を代表するキャラだと思います。彼女のエピソードをコミカライズでカットしなかったことは、この仕事の重要な分岐点・・・・いまさらネタバレがどうこうってのもヤボなんですけど、まあ具体的な話は控えましょう(笑)。で、彼女のセリフも追加して、番組が描いていた主題を提示しつつ、ページの都合でワンパンでザギを吹っ飛ばすための最終的な起爆剤に。

 ナイトレイダー隊が事実上壊滅し、隊長がたったひとり出動するというシーンはもう絶対に入れたかったんですが、連載時にはページの都合で詩織隊員が撃たれたのは路上になってたこともあり、やむなくカット。代わりにチェスターδでの登場シーン、「ナイトレイダーはまだここに一人残っているぞ!!にそのエッセンスをこめました。まあ当然なんですけどページの都合多くて、でもそこを構成で調整するのがこの仕事の醍醐味です。

 セリフだけに出てきた「レッドトルーパー」というのは、わかる方にはニヤリとしていただけたかと。番組で準備してたけど出せなかったという、TLT別動ユニットの名前です。本当なら設定画を元にしたメンバーや機体を出したいところでしたが、さすがにそこまでは余裕なくて残念です。
 そしてチラっとですけど、コミカライズでは出せずじまいだった根来さん佐久田さん瑞生ちゃんにも登場してもらえました。三人とも味のあるキャラクターで、しかも瑞生役の宮下ともみさん超可愛くて、出せないのが残念で仕方がなかったのです。
 連載時のレギュラーキャラはほぼ全員、描き下ろしにも登場させることができました。流れの都合上、詩織隊員は一コマだし、石掘隊員は出ませんが、その分この二人はピンナップで力を入れて描かせていただきました。

 キャラクターは役者さんに似せることよりも、漫画キャラであることを優先してデザインしてて、「漫画が先にあって、そのキャラに似た役者さんをキャスティングしたという俺設定」ってのがコンセプト。なのでたとえば吉良沢は劇中の田中伸彦さんとは全然違うスネ夫ヘアーで目つき悪い(笑)。あと10年前のデザインでは副隊長がキツい顔になりすぎてるように思ったので、描き下ろしではお美しい佐藤康恵さんに若干寄せて、表情を微調整してます(笑)。


 ・・・さて、どうもネクサスファンは語り出すと熱くなる傾向があるらしく(笑)、ワタシも放っておくと全コマ解説しかねない勢いなので、この辺にしておきましょう。そういえば当時『宇宙船』という雑誌でもインタビューを受けて、物凄い字数で語りまくってましたっけ。そっちは主にウルトラマンの演出についてだったと記憶してますが。

 あ、そうだ、巻末に唐突に載っている四コマ漫画、あれは出るはずだったけど企画がポシャった某企画本に掲載予定だったもので、10年間お蔵入りしてたのがこのたびやっと日の目をみた原稿・・・・なのに誤植があります(笑)。ここに修正画像を貼っておきますね。場所がどこかはおわかりになると思いますので、当面はセルフで修正よろしくお願いします。増刷かかって直りますように。


組み立て家具の説明書はよく読まないと余計時間かかる :週刊少年サンデー2014/44号2014/09/22

そろそろまた疲労ゲージが赤くなってきました。執筆再開してからほとんど休んでないので当然です。休暇中は毎日プラモ作ってましたが、この二ヶ月ほどは触ってません。筋トレと有酸素運動も休む日が増えてきてます。艦これも資材がたまってきました。危険です

さしあたって打つ手がないか考えたのですが・・・そういえば私、いま地下室の床で寝ているのですよ。「地下室の床」とか書くとなんか悲惨な感じでアレですが、要するに私の個室は地下の防音AVルームで、そこに布団を敷いて寝起きしているのです。ちなみに寝室はちゃんとありますが、映画見たりアニメ見たりゲームしたりしつつ気を失いたいのであまり寄りついてません。結果的にそっちのベッドは猫にとられました

寝床としては現状に特に不満はないものの、布団って片付かないんですよね。万年床にしてるとぶっさいくだし、たたんでもクローゼットに空きがないので部屋の隅に積み上げることになり、目障りったらない。思いあまって寝袋も試してみましたが、私は睡眠が大好きだし大事にしたいので、そんな寝具ではあまりシアワセでない。しかし片付かない部屋はHPを削ります。というわけでベッド買いました。折りたたみのやっすいやつ。

届いて組み立てて設置して、部屋を片付けてみてそれでどうなったかというと・・・・なんか、「この部屋、ものすごく学生時代からなじみがあるなあ」と。本だの玩具だの自転車だのゲーム機だのPCだのAV機器だのが揃ってて、ベッドの上が生活スペースで。つまりひとつの部屋に自分の趣味と生活を全部つめこむとアカン部屋になるということですね。とはいえオタクたるもの、アカン部屋がないとアカンような気もします。ビル・ゲイツやマイケル・ジャクソンくらい金持ちになっても、私はこんな部屋で生活するんじゃないでしょうか。ためしにベッドの上でコンビニ飯食ってみたら「あ・・帰ってきたってカンジ(´Д`)」って思いました。


さて、新規読者にも多少は入りやすい作りと高校生編全編をつらぬく仕掛けの仕込み、あと私のやりたいことを順番に消化していたらファーストエピソードが結構長くなっちゃいました。もう一息がんばって、とっととケリをつけて次に行きたい。出番を待ってるキャラはたくさんいることだし。

未熟者なのでミニスカの女子高校生描いてます :週刊少年サンデー2014/43号2014/09/12

絶チルは<成長>を主題に描き始めた漫画ですが、「大人になる」というのはどういうことなのかをつきつめていくと、<人格の成熟>の話になってくるように思います。でまあ、日々、駄目な大人なりにいろいろ考えるわけですが。


たとえば以前、素朴な疑問としてツイッターで
「車に『赤ちゃんが乗ってます』っていうステッカー貼ってるのに対して怒る人っているらしいけど、なんでだろう? 何が腹立つのかな」
って話をしたことがあるんですけどね。びっくりするほど早く反応が返ってきました。

「怒っちゃう派」の人たちの言い分は、たいていが
「子供が実際には乗っていないのに貼っていたりする」
「そのステッカーで他人に気遣いを要求する割にはそのドライバーが危険な運転をしていたりする」

ってことでした。要するに「親切にして損した」って思ったことがあるんですね。それを聞くと半分くらいの人は「怒っちゃう派」の人たちに同意できるんじゃないでしょうか。私もその人たちの気持ちはめっちゃ理解できました。たしかにそういうことがあるとムカっときますね。あるある。

・・・ただですね、理解できるんだけども、その理屈には情けない事実が隠れてることに気づきました。それは「損した」と思わされることがあったとして、その損というのはどのくらいの損失なのかっていう点です。
 いくら気を遣ってあげたって言っても、金を払ってやったとか、かばってケガをしたとか、そういうことであるはずがありません。せいぜい「合流で入れてあげた」「車間距離を少し広めにとってあげた」程度のことですよね。それくらいのことは普段から誰にでもどこででもやればいいことです。何の損もしてません。
 にもかかわらず、我々はそれを「一回でも大損だ」「できればしたくない」と思っているのです。たったそれだけのことでも、可能な限り他人に何の施しもしたくないというみみっちい気持ちが根っこにあるんですね。それが悪だとは思いませんが、あまりみっともよくはないので、声高に主張するような事柄では全然ないと思うのです。

 これはまあ他愛もない雑談だったし、件の人たちも雑談に乗っただけの悪気のない人たちです。なので、その場では「なるほどねー」とだけ言って、それ以上追い詰めないことにしたのですが、「善人でありたいと思ってる我々の心の中にも、盲点に入ってしまって気づくことの難しい、みっともない部分はあるという具体例だなあ」とは感じた次第です。


この件に限らず、私はそういった「盲点」のことを、「未熟さ」と呼ぶのかなーと思うのです。世の中にはもちろん悪人もいますが、この世にはそうでないのに問題を起こしてしまう人の方が多い。未熟さってのは程度問題で、未熟でない人間なんかいません。だからこそ自分にできるだけは成熟したいと願って、それを改め続けるのがまともな人間なのです。さらに、こういう間違いを絶対に許さないというのもどうかと。未熟な我々は日常生活で、こういうことをしょっちゅううっかり言ったりやったりしてしまいがちじゃないですか。それをあまりに厳しく責められると立つ瀬がない。責めた奴がヘマをしたときに大喜びでやり返すというのも情けない。

で、考えたんですけどね。私は愚かなことや不愉快なことを言う人を見ても、「バカ」とは呼ばず「未熟者」と呼ぶことにしました。「バカ」は他人をおとしめて傷つけるレッテルですが、「未熟者」はこれからの成長に期待する言葉なので、不明を正す近道ではないかと思うのです。そして自分が愚かなことを言ったりしたりしてしまったと気づいたときにはこう言うことにしましょう。
「わしもまだまだ未熟者よのう」

第四話アップ :週刊少年サンデー2014/42号2014/09/04


高校生編、ここまでいかがでしょうか。
連載も長くなってきたので、新しい視点から絶チル世界を見つつ、これまで積み上げてきたものをまとめて行こうというアプローチです。構成的にはアンリミと同じですね。

松風くんと皆本にいくつか類似点があることはひとつのサインです。今後の展開は彼と皆本の対比を土台に進めていく予定。

兵部や賢木にもシリーズを通して重要な仕事を任せるつもりですので、彼らの活躍にもご期待ください。


ところで、アニメでは皆本・賢木・兵部(アンリミではヒノミヤも)を『可憐ガイズ』と呼称してます。んじゃー新キャラ松風くんはそこに入るのか入らないのか。そしてギリアムくんの立場はどうなるのか。考えると夜も寝ないで昼間寝てしまいます。まー要するにどうでもいいわけですが。

元々は幼女を見守るお兄さんたちのユニットだったわけで、その構図とは違う男子キャラがメインに入ってきたってことは、そろそろ物語の基本的な構造が変わりつつあるってことですかね。

「高校生編」解禁直前 :週刊少年サンデー2014/41号2014/08/26


第三話完成です。絶チル高校生編はいよいよ明日、8/27(水)ごろ発売の週刊少年サンデー39号からスタート! 解禁までに小学生編を読み返しておくことをオススメします。ぜひ。ていうか既刊発売中なんで、まだの方はこの機会に買ってくださいませ。



 具体的な新シリーズの内容については掲載誌発売以降にぼちぼち語ったり語らなかったりしたいと思いますが、面白いですよ・・・・たぶん。当たり前ですが少なくとも私は面白いんじゃないかなーと思って描いてるわけで、それをみなさんが気に入ってくれて、仕込んだ仕掛けがこの先の展開でうまくいくことを祈るばかりです。

 「他人がどう思うか」を基準に行動すると、人間は決断できなくなります。今回の高校生編も路線や始め方はいろいろあって、どれにしようか迷いました。最終的にその中から一つを選び「これで行こう」と決断した理由は、私自身がそれを一番読みたくて描きたかったから。読者に対して一番失礼なのは自分で「イマイチだなー」とか「これの何が面白いのかよくわかんねえけどみんなこんなの好きなんでしょ?」的に思ってるモノを出すことではないでしょうか。

 ちなみにボツにしたバージョンでは、高校生に成長したチルドレン三人がカラー見開きページでイキナリ「いやーん!!」とか言いながら服が破れてるという・・・・・いやみんなは女子高生のそういうの好きかなーと思ったけどセンセイは女子高生のおっぱいとか尻とか太ももの何が面白いのかよくわかんないので失礼だなーということでボツ。ウソです。かなり真剣にそのネーム描こうとしてみたのですが、唐突すぎて無理があったという。やっぱなー新シリーズ最初の3Pでハダカってのはなー・・・・まあそのうちやりますね。

 あ、ただですね、代わりに女子小学生のぱんつ描きましたけど、それは別に女子高校生よりも女子小学生が大好きとかそういうことではないですマジでマジで。もしそうならあいつら成長させるわけないでしょ? 私は健全です

 とにかく明日発売の週刊少年サンデーよろしくです。